東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

個性を祝福する文学――十二人の死にたい子どもたち感想

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁著、文藝春秋)は連休中に一気読みした。こんなにページを繰る手を止められない小説は久しぶりだ。 本作は十二人が室内で議論をしながら事件の謎を解いていくという『十二人の怒れる男』のオマージュ作品だ。『十二人…

日本株は成長株しか値上がりしていない

日本株はトランプショックで値下がりしたものの、年初来では5%値上がりしている(5月10日時点)。 しかし、日本株全体が上がっているわけではない。 5月10日の25日騰落レシオ(東証一部)は84.42。これは、過去25日間で値上がりした銘柄数が、値下がりした銘柄…

タニタの体重計と体組成計を比較する

甥の結婚式の引き出物で選べるギフトをもらった。自宅の体重計が壊れかけているので、タニタの体組成計BC-714を注文した。 先日、使用を開始したので、両者の機能を比較し、どちらが優れているか判定する。 体重計 体組成計 サイズ体重計 小さい体組成計 薄…

退屈は投資家を殺すか――マネーと常識 投資信託で勝ち残る道感想

『マネーと常識 投資信託で勝ち残る道』(ジョン・C・ボーグル著、林康史監訳、石川由美子訳、日経BP社)はヴァンガード社の創設者にして史上初のインデックスファンドを作ったボーグル氏の古典的名著だ。 最初に登場する「ゴッドロックス家の寓話」が本書の…

命令とカリスマと善意の応答――小中学校入学式感想

地域の仕事をすることになり、地元の小中学校の入学式に参加した。 中学の入学式では「起立、礼、着席」という号令で、生徒、保護者、来賓が一斉に行動する。ありふれた光景だが、よく考えてみると、保護者や来賓に対し、「起立!」と命令するのはおかしい。…

海外投資家は仕方なく日本株を買っている

日本の投資家の多くは日本株より米国株などの海外株の方がリスクが高いと思っている。 だが、日本株売買の6~7割を占める海外投資家にとって日本株は米国株よりリスクが高い。 第一に日本株は米国株より値動きが激しい。日経平均とダウ平均を比べると、日経…

普遍性のある苦難――約束のネバーランド感想

(本稿は『約束のネバーランド』のかなりのネタバレを含みます。) 『約束のネバーランド』(神戸守監督、白井カイウ原作、出水ぽすか作画)は2019年冬アニメで一番面白かった。1話のラストで驚愕し、次々襲い来る試練に引き込まれっぱなしだった。 成長物語…

米国株式指数の特徴とそれを活かした投資法

主な米国株式指数として下記の5種類がある。 指数 主な投資信託 信託報酬 NYダウ(DJI) 大和-iFree NYダウ・インデックス 0.2430% S&P500(GSPC) 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.1728% NASDAQ(IXIC) 大和-iFr…

東雲製作所工場移転のお知らせ

過去ログとジェネレーターを置いていた「東雲製作所工場」がジオシティーズの終了に伴い閉鎖されたので、忍者ホームページに移転しました。新サイトはこちらです。→東雲製作所工場 せっかくなので各ジャンル一本ずつおすすめ記事を紹介。 ラノベあらすじジェ…

投資に役立つレポートまとめ

投資に関する市況レポートは沢山出ており、片っ端から読んでいるとやたら時間を食ってしまう。 世の中には読むべき本が沢山あり、同じような情報を何度も読んで時間を浪費するのはもったいない。 そこで、プロの市況レポートの内、要点がコンパクトにまとめ…

娯楽と真実――王とサーカス感想

(本稿は『王とサーカス』の抽象的なネタバレを含みます。) 『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社)は骨太なテーマを持った読み応えのある小説だ。ネパールの王族殺害事件に遭遇した記者、太刀洗万智がジャーナリストの存在意義を問われるのだが、それ…

個人が個別株を買うのは割に合わない

株に投資する方法は二つある。投資信託と個別株だ。 投資信託は多数の株を運営会社がセット販売しているもので、投資先が分散されているのでリスクが低い、少額から投資できるといったメリットがある。 一方、個別株は信託報酬がかからない、株主優待が受け…

リスクを知りたければ昨年末のポートフォリオを見ろ

先々週は世界的に株が下落した。1月から急速に上がった株は先週あたりから頭打ちになっていた。そこで、欧州中央銀行(ECB)が経済成長見通しを大幅に下方修正したり、中国の証券会社が珍しく売り判断を出したりしたせいで、株価が大きく下落した。 先週は株…

変なものを切り捨てない―無人在来線爆弾感想

(本稿は『シン・ゴジラ』のネタバレを含みます。文中敬称略。) 『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)を見終わった時、私の頭の中はこのような状態だった。 無人在来線爆弾 70%石原さとみの怪演 20%内閣総辞職ビーム 5%その他 5% それまでは頭…

過ちを認めないと再起できない―生き残りのディーリング感想

『生き残りのディーリング 決定版 投資で生活したい人への100のアドバイス』(矢口新著、パンローリング)は多くのプロディーラーが座右の書としているという名著だ。書かれたのは2001年だが、原則的なことが書かれているので、内容は古びていない。 私は主…

麺巧潮の(白)はオールタイムベストラーメン

麺巧潮の『(白)鶏白湯そば』(870円)は私のオールタイムベストラーメンだ。 (白)鶏白湯そば (白)は洋風の、超斬新なラーメンだ。変わったラーメンは目新しさが売りで、美味さではオーソドックスなラーメンに劣ることが多いが、白はそんなことはない。 (白)の…

先進国債券はいつ買えば良いのか

先進国株式の買い時ははっきりしている。株が暴落している時だ。株の暴落時はリスク回避の円高になるので、ドル建ての株式は二重に割安になる。 一方、先進国債券の買い時は複雑だ。リスクが高まると株を売って安全な債券を買う人が増えるため、債券が値上が…

何故いだてんの語りが不評なのか

(本稿は『いだてん~東京オリムピック噺~』の抽象的ネタバレを含みます。文中敬称略。) 大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(宮藤官九郎脚本)におけるビートたけしの語りが不評だ。一緒に観ていた母が「たけしが出てくるとしらけるから止めて…

VIX指数が高い時は合理的理由で株価が急落、急反発する

前回の記事でVIX指数35以上でS&P500の実績PER20以下なら絶好の買い場だと書いた。 shinonomen.hatenablog.com VIX指数が高い時、株価が割安になるのは、投資家が恐怖にかられて愚かにも割安な価格で株を投げ売ってしまうからだと思われがちだ。 だが、実際は…

パワハラなしに指導できないのが良い先生なわけないだろう――3年A組-今から皆さんは、人質です-感想

(本稿は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の抽象的ネタバレを含みます。文中敬称略) 『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(武藤将吾脚本)は非常に続きが気になるドラマだ。回毎に構図を変えて視聴者を飽きさせない構成が上手く、ミステリー的面白さ…

VIX指数35以上、実績PER20以下は絶好の買い場

今から見れば、年末年始は絶好の株の買い場だった。 S&P500は12/24からの一ヶ月で12.4%も上昇した。年率なら148.8%だ。 普段なら、超凄腕の投資家が相当苦労して隠れた有望株を発掘しても、なかなか月に10%のリターンを上げることは難しいが、年末に勇気を持…

他者の色がないと気づけない――色づく世界の明日から感想

(本稿は『色づく世界の明日から』の抽象的ネタバレを含みます。) 『色づく世界の明日から』(篠原俊哉監督)のヒロイン月白瞳美が色を見ることができないという設定には舌を巻いた。テーマ的にも表現的にも見事な設定だ。 第一に、瞳美が世界を活き活きと…

効率的市場仮説は10年しか成り立たない

投資の世界で有力視されている仮説に効率的市場仮説がある。 効率的市場仮説によると市場が新しい投資情報を速やか、かつ適切に織り込むため、リスクが等しい商品のリターンは等しくなる。 成長率が高い企業の株は高く、低い企業の株は安くなるため期待リタ…

リスニング四天王物語

nlab.itmedia.co.jp 昔々、天界の外れにある隠れ里に、りんご、にんじん、きゅうり、ぶどうの四兄弟が暮らしておりました。 りんごとにんじんには羽根があり、空を自由に飛び回ることができます。きゅうりとぶどうは羽根はありませんがたいそう力持ちで、家…

株を売った方が良い場合まとめ

初心者向けの投資本にはしばしば、投資信託を定期的に積み立て、リバランスの時以外絶対に売ってはならないと書いてある。 だが、原理上売った方が良い場合も存在する。それは下記の二つの場合だ。 1)明らかに本質的価値より高い場合 株や投資信託に、明らか…

スマホが表現を規定する

TBSラジオのアフター6ジャンクションで12月4日、1月8日の二回にわたってWebトゥーンの特集をしていた。 www.tbsradio.jp Webトゥーンとは縦スクロール、フルカラーのウェブ連載されている漫画のことだ。 12月4日は「海月姫」など紙漫画のヒットメーカーであ…

米国株は割高か

米国株が急激に値を戻している。昨年末にこれまでの下落のダメ押しのように6.63%暴落したS&P500は1月に入ってから順調に値を上げ、1月18日には12月13日の暴落前の水準まで回復した。 株にはモメンタムという、上がっているものは上がり、下がっているものは…

前澤社長が金を浪費するのは素晴らしい

ZOZOTOWNの前澤社長がツイッターで100人に100万円をあげて批判されている。主な批判は下品だ、ツイートを金で買っている、金による言論統制だ、そんな金があるのなら非正規雇用従業員の給料を上げるべきだ、といったものだ。 このうち、非正規雇用従業員の給…

主要米国株のバリュエーションと理論株価

ダウ平均30銘柄、及び時価総額が大きい5銘柄についてPER、PBR、ROE等のバリュエーションを調査した。 調査を行ったのは2018年12月24日。情報元はモーニングスター米国株式情報である。 www.morningstar.co.jp 12月24日は米国株が大暴落し、最安値をつけた日…

未来は分からないが、現在はある程度分かる――投資で一番大切な20の教え感想

『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』(ハワード・マークス著、貫井佳子訳、 日本経済新聞出版社)はウォーレン・バフェットが絶賛し、バークシャー・ハザウェイの株主総会で配布した投資本だ。 私は最近読んだのだが、なぜ投資を…