東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

米国株はPER的には割高だが、イールドスプレッド的には上昇余地がある。

米国株の高騰が止まらない。S&P500は連日史上最高値を更新し、1月17日には3329.62$に達した。 株価の割安性を示す予想PERは過去2年で最も高かった2018年1月5日の19.25を上回る19.45まで上昇した。 私はPER19以上なんて高過ぎる、じきに下落するだろうと考え…

ゆるキャン△と藤原拉麺店とカレー麺

ゆるキャン△は孤独の自由も仲間とのふれあいもどちらも等しく素晴らしいということを描いた、私にとって大切な作品だ。 shinonomen.hatenablog.com そんなゆるキャン界隈が1月からにわかに活気づいている。まず、へやキャン△というショートアニメが始まった…

Fear & Greed Indexによるタイミング投資の検証

昨年はあらゆる資産が値上がりした。特に、米国株の主要指標であるS&P500は28.7%も上昇した。実際は1年でそんなに儲けた人はほとんどいない。昨年1月は総悲観状態で、どかすか買えたのは著名ブロガーのたぱぞう氏などほんの一部の勇敢な人だけだ。 私はS&P50…

M-1グランプリ2019感想――期待通り+期待を越える=大きな笑い

M-1グランプリ2019はレベルが高かった。特に、1~4位になった「ミルクボーイ」「かまいたち」「ぺこぱ」「和牛」は歴代優勝者に勝るとも劣らない出来だった。 上位4組の漫才はどれも同じことを繰り返すという構造を持つ。視聴者の期待通りのことを繰り返…

年賀状

明けましておめでとうございます。 今年も東雲製作所をよろしくお願いします。

2019年テレビアニメベスト10

今年は例年よりはテレビアニメを観たので、ベスト10を発表する。とにかく面白いもの、レコーダーに未見の作品があったら真っ先に見たいもの、という観点で選出したらメジャーなものばかりになってしまった。ジャンプ作品が4つも入っている。一時期低迷が囁…

S&P500+Jリート―スリーシーズンズポートフォリオ

1)米国株と日本株を組み合わせてもリスク当たりリターンは改善しない。 先月の記事でS&P500に日本株と新興国株を混ぜて全世界ポートフォリオを作る方法を紹介した。全世界ポートフォリオは効率的市場仮説という経済理論に基づいている。割安な株があったらた…

京都のラーメン屋は研究機関

秋に二泊三日で京都出張に行った。京都の食べ物と言えば一般に和菓子や京野菜といったイメージだが、実は独創的なラーメン屋がひしめくラーメン激戦区なのだ。ハイペースで京都屈指の人気店ばかり食べ歩いてきたのでレビューを記す。 本家第一旭たかばし本店…

「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」感想――善性の笑い

ナイツは昔から大好きな漫才師だ。膨大な数のボケを畳み掛けてくるヤホー漫才を生み出しただけに留まらず、他の漫才師のスタイルのパロディをやったり、「俺ら東京さ行ぐだ」にひたすらツッコミ続けたり、英語で漫才をやったり、今も次々と新しいスタイルを…

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票しました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)長期成長性が高い、リスクが少ない、信託報酬が安いという三拍子そろった素晴らしい投資信託。iDeCoやつみたてNISAで二十年以上積み立てるなら、これ一本で十分だろう。 iシェアーズ・コア Jリート ETF信託報酬最安のJリート投…

安いレトルトカレーレビュー

以前は家でカレーを作っていたのだが、野菜の皮を剥くのが面倒くさくなってきたのでレトルトカレーを使い始めた。 レトルトカレーと言うと高いイメージだったのだが、最近は100円ぐらいのレトルトカレーが沢山出ている。そこで、近所のスーパーと100円ショッ…

eMAXIS Slim米国株式と3地域均等を組み合わせて格安全世界ポートフォリオを構築しよう

三菱UFJ国債投信がeMAXIS Slim 米国株式、全世界株式の信託報酬引き下げを発表した。 https://emaxis.jp/text/253266s_191015.pdf eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.15%以内 → 0.088%以内(税抜き。以下同様) eMAXIS Sl…

赤城山は荒々しい

9月に出張で群馬県の赤城山に行ってきた。麓では猛暑が続いていたが、山の上では雨が降ると寒いぐらいだった。 赤城大沼。連休明けで紅葉シーズンもまだなので、全然観光客がいなかった。 赤城神社。大沼に橋がかかっている。 富士見温泉見晴らしの湯 ふれあ…

ソフトバンクグループ株は割安か

(今回の記事は長く込み入っているので、結論だけ知りたい方は一番下のまとめをご覧下さい。) ソフトバンクグループ(以下ソフトバンクG)株が大幅下落している。 ソフトバンクGは7月29日につけた5886円の年初来高値から下落に転じ、10月25日には3958円の…

優遇政策には諦めず反対の声を上げよう。

萩生田文部科学大臣の身の丈発言をきっかけに、大学入学共通テストへの批判が高まっている。 これに限らず安倍政権は無駄に制度を複雑化させて費用対効果を落としているような政策が目立つ。 ふるさと納税は返礼品によって地方税収を目減りさせている。 軽減…

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方感想――急成長株はリスクが高い

『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(渡部誠二著、東洋経済新報社)は四季報読破を20年以上続けてきた著者が会社四季報の活用術や株価が10倍、100倍になるような急成長株の見つけ方を説いた本だ。 「たとえ割安でも、「カタリスト(上がる…

ラグビーは私には厳しすぎる

ラグビーW杯が盛り上がっている。私は今までほとんどラグビーを観たことがなかったのだが、攻撃方法にバリュエーションがあり、力勝負をしていたかと思うと瞬時にスピード勝負になるなど、試合展開にメリハリがあって面白い。 だが、ラグビーのルールを知る…

ネット銀行の3ヶ月定期預金を渡り歩いて年利0.3%をゲットしよう。

じぶん銀行が10月末まで他行から振り込まれた金を3ヶ月もの円定期預金にすると年利0.35%になるキャンペーンをやっている。 www.jibunbank.co.jp キャンペーンを利用すると円定期の年利率は1ヶ月 0.03%3ヶ月 0.35%6ヶ月 0.03%1年 0.05%となる。通常、預け入れ…

一括投資・うねり取り・積立投資―投資戦略まとめ

投資戦略には大別して何を買うかといつ買うかの二種類がある。 このうち、何を買うかには無数の戦略があるが、いつ買うかに関しては主に三つしかない。一括投資・うねり取り・積立投資だ。 1)一括投資(バイ・アンド・ホールド) 一括投資はすぐさま対象資産…

塩原はのんびり観光地

毎年恒例の家族旅行に行ってきた。昨年行った草津のホテルおおるりが良かったので、今年は塩原のホテルおおるりを予約した。 昨年は8時西船橋出発で、お昼の食事休憩を挟んで午後にホテル到着だったが、塩原は近いので12時頃にホテルに到着してしまった。ホ…

酒田でこあらを発見

酒田滞在中のことだ。 ホテルからつけ麺道癒庵に向けて歩いていた私はこんな交差点を発見した。 こあら!? 二度見してみてもこあらである。千葉にはユーカリが丘という地名があるが、こちらはコアラの里とかではなく、コアラそのものなので、よりインパクト…

酒田のラーメンレビュー

出張で山形県酒田・余目に長期滞在していたので、ラーメンレビューを記す。酒田はトビウオ・鶏・煮干し出汁のあっさりスープが特徴の酒田ラーメンの牙城で、ラーメン屋の多くが酒田ラーメンの店だった。 満月、花鳥風月など、名前に月がつく月系の店は修行し…

他者にしか救えない――鬼滅の刃感想

(本稿は『鬼滅の刃』のネタバレを含みます。) アニメ『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴原作、外崎春雄監督、ufotable)が素晴らしい。元々ストーリー・設定・キャラクターが魅力的な原作にufotableの神作画が加わってものすごい高みに達している。特に第十九話『ヒノ…

SPDRS&P500(1557)のすすめ

株式市場の乱高下が続いている。トランプ大統領が対中関税の引き上げを発表して以降、株価は急降下。その後もトランプ大統領のツイートに株価が振り回されている。普通は、S&P500指数が1%以上動くとちょっとしたサプライズだが、今年の8月は22営業日中11営業…

奴が最高になって帰ってきた! 松屋のごろごろチキンのバターチキンカレーとその代替品

松屋の期間限定メニュー、ごろごろチキンカレーは牛丼屋らしからぬ本格的なルーと、わざわざ鉄板で焼いているというチキンが文字通りごろごろ入っているという贅沢さで名高い。私も復活する度に食べに行っている。 前回復活した時は『ごろごろチキンのトマト…

逆イールドとは何か

8月14日に米国で米国10年国債利回りが2年国債利回りを下回る逆イールドが発生した。逆イールドは景気後退(リセッション)の前兆とされることから、株価は大きく下落。S&P500は-2.93%と今年最大の下げ幅を記録した。 ニュースサイトを見ても、逆イールドは景…

酒田の観光地は風光明媚

7月の後半は出張で山形県酒田に長期滞在していた。現地休暇がもらえた日に観光をしてきた。 酒田の観光地には眺望点があり、そこから素晴らしい写真を撮ることができる。 鳥海山眺望点 実際 日和山公園眺望点 実際 このように天候次第で残念な結果になるビュ…

PERとイールドスプレッドのどちらを信じれば良いのか

米国債利回りが急落している。米国10年債利回りは昨年末は3%以上あったのが、現在は1.6%台にまで落ち込んでいる。 そこで私を悩ませているのが、「PER(益利回り)とイールドスプレッド、どっちを信じれば良いのか問題」だ。 PERとは株価÷純利益で、PERの逆数…

お姉さんじゃなきゃダメなんだ――天気の子感想

(本稿は『天気の子』のネタバレを含みます。) 『天気の子』(新海誠脚本、監督)は映像だけで観客の心を揺り動かす。花火大会のシーンはあまりの映像の美しさに泣いてしまった。 また、晴れと雨に対して観客が抱く感情が反転するという構成は何事も捉え方…

先進国・新興国・米国・日本株のPER・PBR・EPS推移(2019年1~6月)

投資をするにあたって、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)といったファンダメンタル指標は基本的な情報だ。PERやPBRの過去の推移と現在値を見比べることで、現在の株価が割高か割安かを判断することができる。 米国株の主要指数のPERや、日経平均のPERは…