東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

蜜蜂と遠雷感想――空とケレン味

(本稿は『蜜蜂と遠雷』の抽象的ネタバレを含みます。)

蜜蜂と遠雷』(恩田陸著、幻冬舎)はピアノコンクールを舞台に、タイプの違う天才達がしのぎを削る、音楽バトル小説だ。
本作の大きな魅力は、作者自ら天下一武道会に例えるケレン味だ。
全選手入場的に書くとこうなる。

脅威の耳を持つ養蜂家にして、伝説のピアニスト、ユウジ・フォン=ホフマンの秘蔵っ子。ホフマンが遺した爆弾は、果たしてギフトが厄災か。風間塵!
母の死と共に消えた天才が七年ぶりに帰って来た。生まれ持っての音楽家。世界があなたの覚醒を待っている。栄伝亜夜!
ついたあだ名はジュリアードの王子様。一音聞けば観客全てが恋をする。圧倒的技巧を誇る天性のスターがやって来た。マサル・カルロス・レヴィ・アナトール!
音楽は天才だけのものじゃない。出場者最高齢。凡庸な家庭に育ったサラリーマンが、生活者の音楽を見せてやる。高島明石!

いかにも面白そうな設定だが、実際面白い。勝負の行方に加え、恋愛要素もあって、ぐいぐい引き込まれる。


蜜蜂と遠雷」がすごいのは、クラシックピアノの世界でハッタリを効かせたことだ。

例えば、異世界魔法バトル小説なら「大魔法ビョウンポーを中級魔導師が発動できるのはおかしい」とか突っ込んでくる読者はいない。大魔法ビョウンポーのことを知っているのは作者だけだからだ。

一方、クラシックピアノは恐るべき研鑽を積んだプロが大勢いるので、うかつにハッタリをきかせるとフルボッコになる。さらに本作ではキャラクターになりきって、曲に対し作者独自の解釈まで加えているのだ。
Wikipediaによると、恩田氏は本作を書くために、3年に1度開催される浜松国際ピアノコンクールに4回も通い詰め、12年もかけて完成させたのだという。あまりの労力に気が遠くなる。


一方で、本作には音楽の真実に迫ろうとする求道的な要素もある。キャラ立ちと求道的要素を併せ持っているという点で吉川英治の『宮本武蔵』を思わせる。
コンテスタント達はそれぞれの課題を追求していった結果、無我の境地に至り、瞑想中の高僧のようなビジョンを思い描き、色即是空のようなことを考えだす。

音楽は空の思想と相性が良い。
ラーメンに実体がないと言われても受け入れがたいが、音楽に実体がないと言うのは受け入れやすい。

本作ではコンクールの掉尾を飾る栄伝亜夜の本選の演奏が書かれていない。私には、探求が到達点に達しこれ以上何も書くことがなくなったかのように感じた。言わば、空の状態に至ったから何も書いていないのではないか。


空とは無のことだと思われがちだが、正確には有でも無でもないことを指す。
般若心経の「乃至無老死 亦無老死尽」は「老いや死は無いし、老いや死が無くなることもない」という意味だ。
その思想は難解だが、自分が分かるレベルまで落として理解するなら、一方に決めつけず、あるがままに見るように努めよということではないか。

自我というフィルターによって歪めずに、物事をあるがままに捉えようというのが空だ。
一方、作者が自我を通して歪みを増幅して見せるのがケレン味だ。
空とケレン味はベクトル的に正反対なのだ。


蜜蜂と遠雷」は空とケレン味の闘争小説である。
本作のようなエンターテイメント性と思弁性を兼ね備えた全体小説の作者はこの相反するものの間で綱渡りをしなくてはならない。
ケレン味がないと面白くないし、空がないと真実ではないのだ。

 

天晴爛漫!感想――ホームズは絶望しない。

(本稿は『天晴爛漫!』の重大であからさまなネタバレを含みます。)

「天晴爛漫!」(監督:橋本昌和、アニメーション制作:P.A.WORKS)は、自動車黎明期に実際に行われたアメリカ横断自動車レースを舞台にした冒険活劇だ。キャラクターが魅力的で夏アニメでは屈指の面白さだったが、もっと面白くできそうなのにもったいない感も強かった。
せっかくアメリカ横断自動車レースという面白い題材を発掘したんだから、自動車レースそのものの面白さをもっと掘り下げて欲しかったし、そのためには13話ではいかにも話数が足りなかった。もともと2クールの企画だったのではあるまいか。

本作最大の問題は、主人公天晴に克服すべき欠陥がないのに成長物語の構造を採用したことだ。
天晴は天才メカニックだが、周りに合わせて妥協することを知らないので、次々トラブルを引き起こす。
私は天晴の我が道を行く性格が欠陥であり、成長して周囲への気遣いを身に着けるのだと予想していた。実際、天晴は中盤で帰ってこない仲間のホトトを置いて出発しようとしていたのを思いとどまり、帰りを待つという成長を見せる。

だが、天晴は肝心な所で成長しない。
成長物語では、主人公が大切なものを失って絶望し、今までの自分を痛切に悔いることで、新たな自分に生まれ変わる。
本作でも天晴は自分をかばって撃たれた相棒の小雨が死の危機に陥り、深く落ち込む。だが、復活後の天晴は前と特に変わっていない。これでは何のために天晴を絶望に叩き落したのか分からない。

一方、小雨の成長は見事に描けている。
小雨には母を殺された過去があり、そのショックから命のやり取りをするような場面で刀が抜けないという欠陥を抱えていた。
小雨は襲撃を受けた際に怯えて刀が抜けず、仲間を連れ去られてしまう。絶望した小雨はバーの女店主の助言をきっかけに再び立ち上がり、遂に刀を抜いて敵を倒す。
これはお手本のような成長物語であり、心をぐっとつかまれた。

天晴と小雨の物語の成否を分けたのは、問題の有無だ。小雨は克服すべき過去を抱えているのに対し、天晴は抱えていない。天晴の我が道を行く性格は欠点というより魅力だ。従って成長しようがない。

克服すべき問題を持たないキャラクターはアイデンティティクライシスに陥らせるべきではない。絶望させても物語構造上意味がないからだ。シャーロック・ホームズは絶望したりしないのだ。

appareranman.com

上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし(2568)~最強ETFQQQの格安日本版

長期投資では利益成長率が高い資産に投資すべきだ。長期的には株価の成長率は利益成長率に連動するからだ。

私の知る限り、利益成長率が最も高いETFがNASDAQ100に連動するQQQだ。

アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブック、テスラ、エヌビディアなど米国のハイテク株で構成され、長期に渡って高成長が続いている。

f:id:shinonomen:20201009164656p:plain

(iFreeNEXT NASDAQ100インデックスのサイトより引用)

NASDAQ100(青)、S&P500(オレンジ)、日経平均(緑)のEPS(1株利益)の推移を示す。(2017年2月17日を1としている。横軸日数)

f:id:shinonomen:20201009164902p:plain

NASDAQ100はS&P500や日経平均より成長率が高い。特にコロナショックによる落ち込みがほとんどないことは特筆に値する。

stock-marketdata.com

 

高成長株にはバブルの懸念がつきまとう。
2000年のITバブル崩壊では大変なことになった。ナスダック100指数は2000.3/27の4704.73から2002.10/7には804.64まで暴落した。下落率は実に82.9%である。


現在もバブルである可能性があり、暴落するリスクがある。
GAFAMとバリュー株のどちらが優位か でも書いたが、短期的にGAFAMが調整するという意見は根強い。
また、選挙で民主党が勝ったら、法人増税GAFAへの規制で、大手ハイテク株が下落する可能性がある。

shinonomen.hatenablog.com

個人的には、期待のみで買われていたITバブル期と違って、GAFAMは利益を出しているので、80%も下落するリスクは低いと思う。
だが、NASDAQ100は、2015年11月にはITバブル期ピークの株価まで回復している。
もし今がバブルのピークで、今後株価が80%下落しようとも、売らずに15年以上投資を続ける胆力があれば、積み立て投資を始めてしまっても問題ないだろう。

 

QQQを買うには証券会社で外貨建て口座を開かねばならない。

外貨建て口座には下記のデメリットがある。
・購入手数料が高い。SBI証券だと約定代金の0.45%
・為替コストが1$当たり4~25銭かかる。
・配当や売却益が二重課税される。取り戻すには確定申告しなくてはならない。

このようなデメリットは嫌だという人のために、日本円で買える商品が存在する。
iFreeNEXT NASDAQ100インデックスとNEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信だ。

 

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス(大和アセットマネジメント)投資信託だ。
100円から1円単位で買えるのは大きなメリットだ。
デメリットは信託報酬が年率0.45%(税込み0.495%)と高いこと(QQQは0.2%)。投資信託なので事前に値段が分からないことだ。

www.daiwa-am.co.jp

 

NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信(1545 野村アセットマネジメントETFだ。
メリットは日本円でリアルタイムに買えることだ。
デメリットはやはり信託報酬が年率0.45%(税込み0.495%)と高いこと、最低購入金額が12万円程度と高いことだ。
(単元未満株で買えば1.2万円で買えるが、手数料が高い。)

nextfunds.jp

このように、NASDAQ100に投資しようと思ったら、日本の投資家は購入手数料の高さを我慢してQQQを買うか、信託報酬の高さを我慢してiFreeNEXT NASDAQ100か1545を買うしかない状況だった。

そこに、2020年9月24日上場の画期的な商品が登場した。それが上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなしだ。

 

上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし (2568)が画期的なのは何といっても0.25%(税込0.275%)という格安の信託報酬だ。0.1%以上は上乗せする投資信託が多い中、上乗せ0.05%というのは採算ラインぎりぎりではあるまいか。
信託報酬は毎年着実に引かれていくので、長期投資では少しでも安い商品を選ぶべきだ。

また、1株2000円程度なので10口2万円ぐらいで買えるのも魅力的だ。QQQは1株3万円ぐらいなので、QQQより少ない金額で投資できる。

www.nikkoam.com

2568が素晴らしいのは、本商品を使えば、投資家が手軽に自分のポートフォリオのリスク・リターンを調整できることだ。

全世界株式やS&P500を積み立てている投資家は、任意の割合を2568の積み立てに回すだけで、簡単によりハイリスクハイリターンなポートフォリオを作ることができる。

 

思えば、数年前まで、日本の投資家は米国株インデックスに投資したくても、色んな先進国株がパッケージされたニッセイ 外国株式インデックスファンドを買うしかなかった。
今ではS&P500もNASDAQ100も格安の手数料で買うことができる。
投資家にとっては良い時代になったものだ。

人類の未来 AI、経済、民主主義感想――イメージに囚われず論理的に考える。

『人類の未来 AI、経済、民主主義』(ノーム・チョムスキーレイ・カーツワイル、マーティン・ウルフ、ビャルケ・インゲルス、フリーマン・ダイソン吉成真由美[インタビュー・編]、NHK出版新書)は元NHKディレクターのサイエンス・ライター、吉成真由美氏による知の巨人インタビュー集第三弾。相変わらず錚々たる面々にインタビューをしている。

第1章 トランプ政権と民主主義のゆくえ――ノーム・チョムスキー
第2章 シンギュラリティは本当に近いのか?――レイ・カーツワイル
第3章 グローバリゼーションと世界経済のゆくえ――マーティン・ウルフ
第4章 都市とライフスタイルのゆくえ――ビャルケ・インゲルス
第5章 気候変動モデル懐疑論――フリーマン・ダイソン

全体を通じて感じたのが、イメージに囚われず論理的に考えることの重要性だ。
人間はしばしば物事をイメージで判断しがちだが、インタビューを受けている各界の第一人者達はみな、論拠に基いて回答しているため、多数派に流されて意見が揺らぐことがない。
 

第2章と第3章から特に興味深かった部分についてかいつまんで紹介する。

第2章のキーワードは指数関数的成長だ。

われわれの直感的な将来予測は、線形(比例直線の形)であって、指数関数的な曲線にはならないのです。
 なぜ脳があるかと言えば、それは将来を予測するためです。現在の自分の行動ないし非行動が、将来どのような結果を生むのかを予測するために、脳は存在する。脳ができてきた大昔は、あらゆることが線形で変化していました。

カーツワイル氏は動物の移動スピードなど、人間の脳は線形モデルの将来予測に慣れているため、指数関数的成長に対応できていないと指摘。
ヒトゲノム計画では七年で一%の解析が終わったので、科学者や批評家たちは「一%の解析に七年かかったのだから、すべてを解析するにはその一〇〇倍、七〇〇年かかる」と予測したのに対し、カーツワイル氏は毎年二倍ずつ結果が伸びていくはずだから、七年で解析は終わると予測して的中させたのだと言う。

私が想起したのはアップル、アマゾンなど米国の巨大ハイテク企業、GAFAMの株価だ。
GAFAMの株価は経済アナリストから常に高すぎると言われながら、市場平均を上回って成長してきた。これも、アナリストが線形モデルで予想しているのに対し、GAFAMの業績は指数関数的に伸びているため、評価が追いつかないのではないか。

カーツワイル氏は指数関数的成長によって下記のような変化が起こると予測する。
脳の思考などの高次のタスクを担う部分である新皮質をクラウドにつないで思考を拡大させられるようになる。
ナノテクノロジーの発達により寿命を一年延ばすために必要な研究期間が、一年よりも短くなり、半永久的に寿命を延ばせるようになる。
二〇年もしないうちに、われわれが必要とするすべてのエネルギーを、太陽エネルギーで非常に安く賄えるようになる。

未来に希望が湧いてくる内容だが、プーチン大統領習近平国家主席のような強権的指導者が半永久的寿命を獲得したらと考えると恐ろしくもある。
指数関数的に成長する世界では、線形成長の世界より、より慎重な判断が求められるのではないか。


一方、第3章では日本を含む世界経済に対してより具体的な提言がなされている。

ウルフ氏は二十五年もの間日本が慢性的な低需要に苦しんできた理由をこう説明する。

その主な理由は、日本企業の行動にあったと見ています。日本企業は巨大な余剰資金貯蔵庫なんですね。過剰債務の返済が終わったあとも、慢性的に内部留保を続けています。日本企業の内部留保の割合は、GDPのおよそ八-一0%ということですから、これは世界でも最大級の余剰金になります。
 ですから日本政府の課題は、いかにしてこの巨大な余剰金を取り出すかということです。

ウルフ氏は企業に投資のための画期的な動機を与えるのは難しいため、企業の利益を吸い上げることを提案。そのための方法には、税法を変えて株主への配当を多くすることと、法人税率を上げることがあるが、日本では法人税を上げるのが適当だと指摘している。

ウルフ氏はグローバリゼーションとテクノロジーの進展により、企業による大規模な国内投資が妨げられていると指摘。
ですから、企業が国内に投資しない現実はあるけれども、総需要は上げる必要があるという場合、解決方法は企業の利益を家計に移し可処分所得とすることです。そうすることで、GDPのうち家計が占める割合が高くなる。それによって日本はもっとバランスの取れた経済になるでしょう。
と結論づけている。

この間、政府は法人税を下げて消費税を上げてきた。ウルフ氏の提言とは真逆の政策だ。

現在、政界では消費税の増減税が議論になっているが、法人税に関してはスルーされがちだ。法人増税すると景気が悪化するというイメージがあるからだろう。

法人増税論がいまいち広まらない理由の一つは、経済オンチのイメージがある左派政党しか主張していないからだろう。
本来なら皆がイメージに流されず、論理的に判断すれば良いのだが、現実的には難しい。
次善の策として、ファイナンシャル・タイムズ紙の経済論説主幹で、「世界中で最も信頼されている経済・金融ジャーナリスト」と多くの人が認めるマーティン・ウルフ氏が主張しているのだということをもっと喧伝すべきではないだろうか。

川越というモンスタータウン

出張帰りに埼玉の川越に立ち寄った。川越と言えば、時の鐘など古い町並みの残る小さな町というイメージだった。だが、実際はとんでもないモンスタータウンだった。

普通の町は、チェーン店のうちいくつかがある。例えば、私の家の最寄り駅周辺には吉野家松屋サイゼリヤとケンタッキーとリンガーハットドトールがある。結構ある方だと思うが、マクドナルドやモスバーガー日高屋幸楽苑はない。安価なハンバーガーやラーメンを食べるには他の駅まで行かねばならない。

川越は何でもある。ちょっと歩いただけでファーストフードはもちろん、ドン・キホーテブックオフなど、あらゆるチェーン店が出店している。関東に進出しているチェーン店は全部あるんじゃないかという勢いだ。
チェーン店だけでなく、洒落た店も多い。特に和菓子屋の充実ぶりは目を見張るものがある。f:id:shinonomen:20201001175958j:plain

 

そしてやたら人が多い。ベッドタウンの商店街と言えばシャッター商店街になっているのが定番だが、川越駅から本川越駅方向へ1kmも続くクレアモールは平日の昼間だというのに人がひっきりなしに歩いている。おそらく分厚い住宅街があるせいだ。f:id:shinonomen:20201001175707j:plain

 

川越がすごいのは観光地でもあることだ。時の鐘を中心とした古い町並みは風情があり、コロナ禍など過ぎ去ったかのように多くの観光客であふれている。

周囲には様々な和菓子店や伝統工芸品の店など、ユニークな店がずらりと並んでいる。これらの店を一軒ずつ訪ねていけば、わざわざ外に観光に行く必要などない。f:id:shinonomen:20201001175804j:plain

 

交通の便が良く住宅地で商業地というと、千葉県の船橋や柏が近い。だが、船橋や柏は観光地ではない。逆に歴史のある観光都市である鎌倉や日光や成田はこんなに商店が充実していない。
横浜のような大都市は全部あるが、横浜駅から山下公園まで歩いて行くのは厳しかろう。川越は商業ビルと商店街と観光地が駅から歩いて行ける範囲に収まっているので非常に利便性が高い。

 

恐ろしいのが、町ゆく人の誰一人この異常性に気づいて高揚しておらず、何事もないかのように利便性を享受していることだ。
川越で生まれ育ったら、川越から出られないのではないか。どこに移り住んでも川越よりは不便だ。何でもあるのが当たり前だと思っている川越民は、川越外の暮らしに耐えられず、舞い戻ってしまうに違いない。
『メイド・イン・アビス』の舞台であるアビスという縦穴の町は、アビスの呪いによって探掘家を捕らえて離さないが、川越は何ら超常的力を持たないのに住民を捕らえて離さない。どちらがより恐ろしいかは言うまでもないだろう。

 

市のホームページによると、川越の人口は一日1.9人ずつ増加していると言う。
千年ぐらいしたら、関東のベッドタウンは皆ことごとく廃墟と化し、川越だけが残るのではないか。千葉県民としては恐ろしい話だ。

フレンドールレビュー

私が夜な夜なカレーを食べていた横手セントラルホテルの近くにはフレンドールという洋菓子屋がある。

f:id:shinonomen:20200924173222j:plain

 

地元出身のシンガーソングライター、高橋優氏が絶賛したメロンパンが有名と聞いたので、休みの日に買いに行った。
かつてはメロンパンを求めて開店前から行列ができていたとのことだが、現在は特に行列はなく朝なら普通に買うことができた。

f:id:shinonomen:20200924173251j:plain

せっかくなので他の人気商品も買ってきたのでレビューを記す。


メロンパン 230円

f:id:shinonomen:20200924173311j:plain

f:id:shinonomen:20200924173326j:plain

普通のメロンパンは外はカリカリしているが、フレンドールのメロンパンは外までしっとりしており、クロワッサンの中の部分みたいなふわふわした食感。中にはたっぷり生クリームが入っており、かなり食べ応えがある。小食な人なら朝ごはんはこれ一個で十分なぐらいだ。
メロンパンと言うよりはクリームパンに近いが、生地もクリームも普通のクリームパンより美味い。人気があるのも納得である。
姉妹品としてかぼちゃパンもある。

f:id:shinonomen:20200924173843j:plain


横手ことば 160円

f:id:shinonomen:20200924173400j:plain

f:id:shinonomen:20200924173412j:plain

ままどおるのような、よくあるお土産用お菓子だが、バターが効いている。
台紙に色んな横手ことばが書いてある。まれに当たりが入っているらしい。


フレンど~ら 200円

f:id:shinonomen:20200924173438j:plain

寅縞のかわいいどら焼き。マーガリンが入っていて、小豆あんとの相性が抜群。


ベルギーワッフル 180円

f:id:shinonomen:20200924173458j:plain

ふつうにおいしいがこれといった特徴はない。


パリジェンヌ 300円

f:id:shinonomen:20200924173526j:plain

f:id:shinonomen:20200924173538j:plain

スポンジとクリームが層状に積み重なったケーキで、食感がふわっふわである。
クリームが昔懐かしい味で、自分が子供のころ地元の駅前にあったデュポンというケーキ屋さんのケーキを思い出した。
デュポンのケーキの味なんて、忘れてしまったものと思っていたので、覚えていたことに驚いた。


ケーキの味は祝祭と結びついている。
フレンドールのような昔ながらの洋菓子屋が残っている町は幸いである。
買ってきて食べるだけで、いつでも子供の頃の幸せな記憶を呼び起こすことができるからだ。

**// お菓子とパンの店 フレンドール //**

20日間カレー生活

先月後半から出張でホテルに泊まっている。最近の私の夕御飯はこんな感じだ。

8/19 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909220932j:plain

8/20 カレーライス
NO IMAGE

8/21 カレーライス
NO IMAGE

8/22 カレーライス
NO IMAGE

8/23 カレーライス
NO IMAGE

8/24 カレーライス
NO IMAGE

8/25 カレーライス
NO IMAGE

8/26 カレーライス
NO IMAGE

8/27 カレーライス
NO IMAGE

8/28 カレーライス
NO IMAGE

8/29 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221033j:plain

8/30 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221056j:plain

8/31 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221131j:plain

9/1 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221151j:plain

急に見た目が変わったが、これはホテルのレストランが休みのためセルフサービスになったから。

9/2 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221221j:plain

福神漬けが変わった!

9/3 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221503j:plain

9/4 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909221526j:plain

9/5 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909222811j:plain

コップの水をこぼしてしまい、動揺して福神漬けを取り忘れた。

 

9/6 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909222846j:plain


 9/7 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909222921j:plain

福神漬けが赤に戻る。

 

9/8 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909222942j:plain

レストランが休みでフロントの人がよそってくれた。

 

9/9 カレーライス

f:id:shinonomen:20200909223013j:plain

 

なぜこんなことになっているかというと、私が泊っている横手セントラルホテルでは夕ご飯にカレーが一杯無料で食べられるからだ。
別に、カレーを食べずに弁当を買うなり外に食べに行くなりすれば良いのだが、無料のカレーを食べずに有料のものを食べると二重に損をしている感じがして、どうしてもカレーを選んでしまう。

野菜をたっぷり使った甘みのあるこだわりカレーなのだが、さすがに毎日食べていると飽きる。
一週間目ぐらいで、飽きのピークが来たのだが、それを過ぎたら単なる習慣になって特に何も感じなくなった。

 

私が毎晩カレーを食べているのに対し、同僚は時々しか食べていない。同僚の話から察するに、この判断には人生観の違いが表れている。
同僚は体験を重視しており、昼ご飯もネットで美味しそうな店を探しているし、晩御飯もスーパーで色んな総菜を選んでいる。彼にとっては楽しむことが最優先なのだ。
一方、私は創作を重視している。その体験から何か書けるかが優先されるので、日々のご飯を楽しもうという発想が薄い。私にとっては死後何が残るかが重要なのだ。

このように、無料カレーを毎日食べるかどうかという判断には人生観が影響している。
だが、最も強く影響しているのは、その人がケチかどうかだろう。