東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)のよろず評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。Amazonのアソシエイトとして、当メディアはごくまれに適格販売により収入を得ています。

2019-03-01から1ヶ月間の記事一覧

娯楽と真実――王とサーカス感想

(本稿は『王とサーカス』の抽象的なネタバレを含みます。) 『王とサーカス』(米澤穂信著、東京創元社)は骨太なテーマを持った読み応えのある小説だ。ネパールの王族殺害事件に遭遇した記者、太刀洗万智がジャーナリストの存在意義を問われるのだが、それ…

個人が個別株を買うのは割に合わない

株に投資する方法は二つある。投資信託と個別株だ。 投資信託は多数の株を運営会社がセット販売しているもので、投資先が分散されているのでリスクが低い、少額から投資できるといったメリットがある。 一方、個別株は信託報酬がかからない、株主優待が受け…

リスクを知りたければ昨年末のポートフォリオを見ろ

先々週は世界的に株が下落した。1月から急速に上がった株は先週あたりから頭打ちになっていた。そこで、欧州中央銀行(ECB)が経済成長見通しを大幅に下方修正したり、中国の証券会社が珍しく売り判断を出したりしたせいで、株価が大きく下落した。 先週は株…

変なものを切り捨てない―無人在来線爆弾感想

(本稿は『シン・ゴジラ』のネタバレを含みます。文中敬称略。) 『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)を見終わった時、私の頭の中はこのような状態だった。 無人在来線爆弾 70%石原さとみの怪演 20%内閣総辞職ビーム 5%その他 5% それまでは頭…

過ちを認めないと再起できない―生き残りのディーリング感想

『生き残りのディーリング 決定版 投資で生活したい人への100のアドバイス』(矢口新著、パンローリング)は多くのプロディーラーが座右の書としているという名著だ。書かれたのは2001年だが、原則的なことが書かれているので、内容は古びていない。 私は主…

麺巧潮の(白)はオールタイムベストラーメン

麺巧潮の『(白)鶏白湯そば』(870円)は私のオールタイムベストラーメンだ。 (白)鶏白湯そば (白)は洋風の、超斬新なラーメンだ。変わったラーメンは目新しさが売りで、美味さではオーソドックスなラーメンに劣ることが多いが、白はそんなことはない。 (白)の…