東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)のよろず評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。Amazonのアソシエイトとして、当メディアはごくまれに適格販売により収入を得ています。

2006-12-01から1ヶ月間の記事一覧

文学少女と戦う司書の部屋の感想

戦う司書と追想の魔女 山形石雄 集英社スーパーダッシュ文庫 血も涙もない悪役っぷりをみせているハミュッツだけど、実際は心に傷を負っていて、早く誰かに断罪してほしくてああいう言動を取っているようにも見える。 今回は、「どんな人の生にも意味がある…

いろいろ感想

グラン・ヴァカンス―廃園の天使1 飛浩隆 ハヤカワ文庫 あらすじから秋山版『鉄コミュニケーション』みたいな知恵と勇気で戦う話かと思っていたら、『バトルロワイヤル』+黒乙一みたいなスプラッタ小説だった。 キリスト教の心の中で思うだけで姦淫の罪にな…

対照的な戦争ものの感想

ポロポロ 田中小実昌 河出文庫 表題作は短編にして『カンバセイション・ピース』並に感動したので、感嘆したのだが、最後まで読むと作者は「物語」を出来る限り排除しようとしているとのことなので、この感動も、作者にとっては出来れば排除したかったものな…

One of them

昨日書いたばかりの記事に白翁さんから素早い反応が! 有難うございます。なんかWEB2.0な感じだ。確かに駄目人間で凡庸な自分を受け入れるのは難しい。 私自身、物書きになるのをあきらめられないし。 だからせめて周囲からの「特別な存在たれ」という圧力が…

のび太だということを受け入れられれば大丈夫

のび太の存在ほどタチの悪いものはないと思うんだ。確かにドラえもんはいじめっ子にいじめ方を教えているという点では問題がある。 だが、いじめられている側に悪影響があるという主張には疑問があり、どちらかというと好影響があるんじゃないか。藤子・F・…

マルドゥック・ヴェロシティの感想

マルドゥック・ヴェロシティ2 冲方丁 ハヤカワ文庫 東雲長閑は小説に外国人が十人以上登場すると、仕様上、誰が誰だか分からなくなるということを再確認した。 甲賀忍法帳+七人の侍みたいな内容で、敵が悪者で背景を持たない上に不気味な人外なので、読んで…