東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)のよろず評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。Amazonのアソシエイトとして、当メディアはごくまれに適格販売により収入を得ています。

2007-05-01から1ヶ月間の記事一覧

メイドヤクザボーイズの思い出は衰退しましたの感想

デッドエンドの思い出 よしもとばなな 文藝春秋 作者はあとがきで「つらく切ないラブストーリーばかり」と書いているが、私にはむしろ幸せな部分が心に残った。 恋愛小説は異世界の出来事のように感じることが多いが、本作は自分と地続きの場所で起きている…

よくわかる文学都市ブールの外 感想

”文学少女”と穢名の天使 野村美月 ファミ通文庫 ミステリーはどれも、探偵が事件が起こったあとに登場するため、大なり小なり事件が起こる前に探偵が登場していればなあ、と思うのだが、本作の場合、遠子先輩が太陽の如き輝きを放っているため、なおさらミス…

戦う部屋と階段落とし感想

『戦う司書と荒縄の姫君』は間違いなく年間ベスト級の傑作でした。 この巻で一区切りなので、未読の方はぜひ既刊六冊の一気読みを! ROOM NO.1301 #8 妹さんはオプティメスティック! 新井輝 富士見ミステリー文庫 八巻のラストシーンに至って、遂に通常の意…