東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)のよろず評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。Amazonのアソシエイトとして、当メディアはごくまれに適格販売により収入を得ています。

2020-12-01から1ヶ月間の記事一覧

スガキヤは遠くにありて思うもの

スガキヤは私にとっての憧れだ。長崎ちゃんぽんの四海楼やハンバーグのさわやか等と並んで、長年いつか行ってみたいと思っていた。ラーメン330円という圧倒的な安さ、唯一無二のラーメンフォーク、ラーメン屋なのに充実しているアイスクリーム。全てが魅惑的…

アフター6ジャンクション感想――いきいきさせてくれる人のことを好きになる

アフター6ジャンクション(TBSラジオ、平日18:00-21:00、以下アトロク)を帰宅途中に良く聞いている。名物の「週刊映画時評ムービーウォッチメン」を始め、音楽、小説、漫画、ゲーム、アニメ、演劇、美術、古典芸能などありとあらゆるカルチャーを取り上げてい…

シノブフーズの弁当レビュー

7月にトオカツフーズの弁当レビュー記事を書いた。 shinonomen.hatenablog.com その中で、「ビッグ・エーの弁当は主にトオカツフーズとシノブフーズが製造している。まずはトオカツフーズの弁当についてレビューする。」と書いた。その後、出張に行ったり、…

小選挙区制は対立発生源

国会審議が形骸化している。国会を開く前から、与党提案の法案は修正されずにそのまま通り、野党提案の法案は成立しないと決まっている。国会での議論は何かに活かされるわけではなく、形式的に審議を行っているだけ。これでは時間と金の無駄だ。 以前、共産…

女のいない男たち感想――嵐の中では語れない

(本稿は『女のいない男たち』のネタバレを含みます。) 『女のいない男たち』(村上春樹著、文藝春秋)は2014年に刊行された、「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェラザード」「木野」「女のいない男たち」の六編からなる短篇集だ。…