東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

シノブフーズの弁当レビュー

7月にトオカツフーズの弁当レビュー記事を書いた。

shinonomen.hatenablog.com


その中で、「ビッグ・エーの弁当は主にトオカツフーズとシノブフーズが製造している。まずはトオカツフーズの弁当についてレビューする。」と書いた。
その後、出張に行ったり、写真を探すのが面倒くさくて先延ばしにしたりしているうちに5ヵ月以上経ってしまった。


7月の前に食べた弁当のレビューなので、すでに取り扱っていない商品も多い。
売ってない弁当のレビュー記事なんか書く意味があるのかとも考えたが、スーパーの弁当レビュー記事はあまり見ないので、記録的価値はあるかもしれないと思い、書くことにした。
せっかくなので最新の弁当についても追記した所、シノブフーズが苦心していることが分かってしまった。


助六寿司 189円/熱量375kcal/蛋白質10.6g/脂質4.1g/炭水化物74.0g/食塩相当量3.5g

f:id:shinonomen:20201218183148j:plain

f:id:shinonomen:20201218183208j:plain

オーソドックスな助六寿司。甘辛いお稲荷さんが美味。
もっとも安いが一食にするにはちょっと足りない。

 

2色いなりの助六 249円/熱量455kcal/蛋白質11.9g/脂質8.6g/炭水化物79.8g/食塩相当量3.6g

f:id:shinonomen:20201218183254j:plain

稲荷ずし、太巻き、もち米の塊が入った弁当。
もち米の塊は味が薄く、あまり美味しくない。助六寿司と比べると、もち米の塊が60円することになり、納得がいかない。

 

のり弁当 196円/熱量574kcal/蛋白質16.5g/脂質14.7g/炭水化物91.7g/食塩相当量2.0g

f:id:shinonomen:20201218183418j:plain

f:id:shinonomen:20201218183432j:plain

驚異的コスパを誇るシノブフーズの主力弁当。全国色んな所に出張にいったが、こののり弁当より安い弁当はまだ見たことがない。
小ぶりだがカロリーはそこそこあり、普通にお腹が満たされる。
ただ安いだけでなく、笹がけゴボウが入っていたりと細かい工夫が見られる。おすすめ。

 

明太のり弁当 196円/熱量517kcal/蛋白質13.8g/脂質11.0g/炭水化物89.0g/食塩相当量2.0g

f:id:shinonomen:20201218183757j:plain

f:id:shinonomen:20201218183813j:plain

のり弁当の後継弁当。のりの裏に敷いてあったおかかが無くなって、代わりに明太子少しが加わっている。
涙ぐましいコストカットっぷりに申し訳なくなる。やはり196円で採算を取るのは大変なんだな。


2色そぼろご飯弁当 196円/熱量626kcal/蛋白質20.5g/脂質20.4g/炭水化物83.9g/食塩相当量3.3g

f:id:shinonomen:20201218183852j:plain

f:id:shinonomen:20201218183914j:plain

ご飯の上に2色そぼろを敷き詰めただけのシンプルな弁当。
甘辛くて美味しいがおかずが2色そぼろと漬物だけなので、やや飽きる。


銀鮭のっけ弁当 299円/熱量547kcal/蛋白質20.0g/脂質15,6g/炭水化物76.9g/食塩相当量2.4g

f:id:shinonomen:20201218183952j:plain

f:id:shinonomen:20201218184012j:plain

鮭を中心に、鶏の醤油焼きや卵焼き、野菜などを取り揃えたバランスの良い弁当。
一品一品もしっかりした味付けで満足度が高い。

 

銀鮭のっけ俵おむすび弁当 299円/熱量615kcal/蛋白質22.3g/脂質17.0g/炭水化物88.1g/食塩相当量4.1g

f:id:shinonomen:20201218184054j:plain

f:id:shinonomen:20201218184118j:plain

銀鮭のっけ弁当のリニューアル商品。おかずを減らしてご飯を増やし、カロリーを増している。前の方が体に良さそう。
カロリーが足りんという意見が多かったのか、おかずが多くて採算が取れなくなったのかどちらかだろう。


バラエティおにぎりセット 299円/熱量765kcal/蛋白質24.8g/脂質23.1g/炭水化物109.5g/食塩相当量4.8g

f:id:shinonomen:20201218184209j:plain

5種類のおにぎりと、揚げ物中心のおかずが入った、カロリーたっぷりの弁当。
おにぎり、おかず共、バラエティに富んでいるのは良いが、炭水化物ばかり多くて体に悪そう。


チキンカツ弁当 299円/熱量871kcal/蛋白質33.0g/脂質34.4g/炭水化物100.1g/食塩相当量2.3g

f:id:shinonomen:20201218184242j:plain

f:id:shinonomen:20201218184306j:plain

どでかいチキンカツがドーンと入った、トオカツフーズのお株を奪うような弁当。
肉厚の普通に美味しいチキンカツでお得感がすごい。
小料理屋みたいな弁当からカロリーで殴ってくるみたいな弁当もあるとは、何でもできるな、シノブフーズ

 

ひれカツ弁当 299円/熱量739kcal/蛋白質25.9g/脂質16.0g/炭水化物118.3g/食塩相当量3.0g

f:id:shinonomen:20201218184355j:plain

f:id:shinonomen:20201218184411j:plain

チキンカツは鶏だからまだ分かるが、ひれカツが300円というのはすごい。
さすがに紙カツのようなペラペラした肉だが、これはこれで美味い。
チキンカツ弁当ともども、レトルトカレーをかけてカツカレーにするのがおすすめ。


鯖と鶏の西京味噌焼き弁当 299円/熱量520kcal/蛋白質23.1g/脂質15.3g/炭水化物69.2g/食塩相当量3.6g

f:id:shinonomen:20201218184504j:plain

f:id:shinonomen:20201218184532j:plain

こだわりの西京味噌焼きの鯖と鶏をメインに、色んなおかずを取りそろえた小料理屋のような弁当。
駅弁として売りだせば800円ぐらい取れる。超おすすめだったが最近は売っていない。


管理栄養士監修バランス弁当 299円/熱量357kcal/蛋白質16.2g/脂質7.8g/炭水化物55.4g/食塩相当量4.2g

f:id:shinonomen:20201218184612j:plain

f:id:shinonomen:20201218184640j:plain

揚げ物を使っていない低カロリーな弁当。素材の味をいかした薄味で特に玉子焼きが美味い。
357kcalしかないので食べ終わってもお腹が空いている。ストイックすぎたのか、近所のスーパーからはすぐに姿を消した。


竹の子ご飯弁当 299円/熱量544kcal/蛋白質21.7g/脂質19.3g/炭水化物65.9g/食塩相当量4.0g

f:id:shinonomen:20201218184733j:plain

f:id:shinonomen:20201218184811j:plain


あさりご飯弁当 299円/熱量549kcal/蛋白質25.5g/脂質19.4g/炭水化物62.3g/食塩相当量4.7g

f:id:shinonomen:20201218184838j:plain

f:id:shinonomen:20201218184900j:plain


しらすご飯弁当 299円/熱量480kcal/蛋白質19.9g/脂質15.8g/炭水化物60.6g/食塩相当量5.2g

f:id:shinonomen:20201218184924j:plain

f:id:shinonomen:20201218184944j:plain


きのこご飯弁当 299円/熱量482kcal/蛋白質19.1g/脂質15.0g/炭水化物64.1g/食塩相当量4.1g

f:id:shinonomen:20201218185008j:plain

f:id:shinonomen:20201218185025j:plain

シノブフーズは季節ごとに混ぜご飯弁当をリニューアルしている。
299円の弁当でこんな風雅なことをしているメーカーが他にあるだろうか。
以前は至高の弁当だったが、途中でカロリーが減ってちょっと物足りなくなってしまった。


シノブフーズの弁当はスーパーの弁当らしからぬ、小料理屋のような細かい気配りに特徴がある。

以前と比べると、おかずを減らして価格を維持している弁当が目立つ。
私のように安さばかりを追い求める消費者が多いのだろう。困ったものだ。

www.shinobufoods.co.jp