東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

なぜ白王子は黒王子に負けるのか

 少女漫画や少女小説に登場するヒーローには2パターンいる。優しく紳士的な白王子と意地悪で粗暴な黒王子だ。普通に考えれば白王子の方が良さそうだが、白王子と黒王子が直接対決した場合、勝つのはたいてい黒王子だ。
 少女小説の源流は『嵐が丘』だ。『嵐が丘』にもエドガーとヒースクリフという白王子と黒王子が登場するが、そこでも最終的に勝ったのは黒王子ヒースクリフである。黒王子の勝利はジャンルの生成時からの定めなのだ。

 では、なぜ白王子は黒王子に敗れるのだろうか。『ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム』(ジョディ・アーチャー&マシュー・ジョッカーズ著、解説西内啓、川添節子訳、日経BP社)を読んだらその訳が分かった。
 白王子は黒王子に勝てない理由。それはこのグラフを見れば一目瞭然である。

f:id:shinonomen:20171211173744j:plain

 これはロマンス小説3作品の登場人物の感情の浮き沈みを示したものだ。
 実線で描かれたのが世界的な大ベストセラーになった『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。粗い点線と細かい点線で描かれたのはそれほど売れなかった二作品だ。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は他の二作品より感情の浮き沈みが大きく、読者の感情をより大きく揺さぶっていることが分かる。
 この実線と粗い点線が示す感情曲線は、そのまま黒王子、白王子とのラブロマンスの感情曲線に置き換えられる。グラフの上半分しか振れ幅を持たない白王子との恋愛より、グラフの下半分も使うことができる黒王子との恋愛の方が、より大きく読者の感情を揺さぶることができるのだ。重要なのは黒王子と言っても徹頭徹尾意地悪なままではないということだ。それではグラフの細かい点線になってしまう。時々優しい面も見せるからこそ黒王子は強いのだ。

 だが、これは物語上での話だ。物語において読者は実際に害されることはない安全圏におり、ドキドキすることを求めている。また、意地悪なキャラもそのうち優しい一面を見せるというお約束があるので、読者は期待を持って読み進めることができる。
 しかしながら、現実の恋愛ではドキドキだけでなく安らぎも求められる。また、現実では意地悪な奴が後で優しくなることは稀で、たいていは意地悪なままだ。従って、現実で黒王子の行動を真似てみても嫌われるだけなのだ。

戦略としての小説家――ライトノベル・フェスティバル2017(ゲスト森田季節先生)感想

 まずは小説二作品の本編冒頭部分を読み比べて頂きたい。

「焼いたフルーツってずるい味がする」
 二切れ目の焼きパイナップルを口に入れる前につぶやく。率直な感想なんだけど、我ながらいまいち要領を得ない表現だ。
「ずるいって何だよ?」
 ほら、広峰には伝わらない、まあ、広峰にわかられる程度というのも悲しいし、これでいいかな。
 ほんのりとシナモンの香りが口に広がる。フルーツは焼かれるとそれまでになかった魅力を見せてくれる。まるで冴えないメガネの女の子が美容院に行って白鳥になって出てくるみたいに。
 ちなみに私はとても白鳥とは言えないけど、かといってみにくいアヒルの子でもない。ふわゆれウェーブの髪に、白のワンピースと黒のシンプルなレギンスで、まあメガネなおさげ髪系に転落することはないということだ。自分に付加価値をつける方法くらい知ってるつもり。もっとも広峰相手にオシャレしたところで何にもならないんだけど。
ベネズエラ・ビター・マイ・スィート)


 村に向かう途中、ぶよぶよしたゼリー状のものに道をふさがれた。

「ああ、スライムか」

 見た目のせいか、緊迫感はない。猫が前に出て来たという程度の感覚だ。

 とはいえ、モンスターではあるようで、こちらを攻撃してやるという意思が感じられる。

 ここでナイフを抜く。

 攻撃を仕掛ける。
 ぶゆっ!

 効いているのか……?

 再度、攻撃。
 ぶゆっっ!

 さっきより効いた気がする。 
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました


 この二つの文章を読んで、同じ作者が書いていると見抜けるのはあらかじめ知っている人だけだろう。

 世に多彩な作風を誇る作家は数あれど、森田季節氏程、幅の広い作家はいないだろう。デビュー10周年で75冊と多作な上、松蟲寺の伝説のリライトのような変わった仕事もされている。その活躍は詩的で耽美な文芸作品から、王道ライトノベルやなろう小説まで及び、小説のほぼ全領域をカバーしていると言っても過言ではない。

 引用した小説もぱっと見からして文章の密度が全然違う。100m走とマラソンが別競技であるように、同じ小説という言葉でくくって良いのか迷う程だ。

 そんな森田季節氏が、ライトノベル・フェスティバル(LNF)のゲストとして登場されるということで、話を聞いてきた。今年のLNFは二部構成で前半が季節めぐりと題して勝木LNF委員長による森田氏のインタビュー、後半はビンゴ大会だった。

 インタビューでは三大転機として
1デビュー翌年ぐらいで文芸の仕事が来たこと「ともだち同盟」
2不戦無敵の影殺師を趣味で書き始めたこと
3なろうをはじめたこと
を挙げられていた。これは森田氏の作風がいかにして広がっていったかという証言になっていて、大変興味深かった。

1は出版社に関する話だ。当時のライトノベルでは、デビューから3年は他社からは本を出すなという雰囲気だったが、「ともだち同盟」は単行本の仕事だったのでMF文庫編集部が仕事を取り次いでくれ、色んなレーベルから本を出すきっかけになったということだ。

2は文章に関する話だ。2013年後半、仕事量が増え、同業者から文章が雑になっていると指摘された森田氏は、書き方を根本的に変えるため、手書きで『不戦無敵の影殺師』を書き始めたのだという。ハーレムラブコメのように読者にさくさく読んでほしい作品はパソコンで速く書いた方が良いが、じっくり読んで欲しい作品は手書きでゆっくり書いた方が良いという指摘に感銘を受けた。

3は媒体の話。2016年から「小説家になろう」で書き始め、しばらく苦戦していたが、「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」が一気に1位を取って大ブレイクしたとのこと。本文がろくにないのに1位になったのは明らかにタイトルの勝利だという分析をされていた。

 また、ヒット作があると、編集者から同系統の作品を書いてくれという依頼が来る。自分は長らく売れていなかったので色々試した結果他種類になったという分析をされていて得心した。

 後半のビンゴ大会では、3×3のマス目に参加者が自分で森田作品のリスト番号を選んで書き込み、森田氏が読み上げた番号と一致したら○をつけていくというもの。森田氏が思い入れが強そうな作品から順に対角線から埋めていった所、後半でビンゴして商品を頂くことができた。また、参加特典として森田氏の未発表作品の小冊子がもらえた他、休憩中にはサインを頂くことができた。どうも有難うございます。

 ビンゴで当たった参加者は一番好きな作品を発表するのだが、それが文芸系作品、ライトノベル作品、なろう作品ときれいに散らばっており、幅広い読者をつかんでおられることを実感した。
 私は「ともだち同盟」など森田氏の文芸系の作品に圧倒され、天才肌の作家なのだろうと思っていたが、非常に戦略的かつロジカルに自らをコントロールすることで多彩な作品を生み出されているということが分かって、勉強になった。

f:id:shinonomen:20171121125700p:plain

 

lnf.cocolog-nifty.com

森田季節 - 小説家になろう

東雲製作所/ともだち同盟感想

一瞬で伝わるもの――ヨコハマトリエンナーレ2017感想

 ヨコハマトリエンナーレ12年前に行って面白かったのだが、遠いので二の足を踏んでいた。だが、日曜美術館壇蜜さんが紹介していたので、俄然興味が高まった。さらにはぶっださんもレビューを書かれていたので、重い腰を上げて行くことにした。
 
 ヨコハマトリエンナーレ2017(会期8/4-11/5)のテーマは島と星座とガラパゴス。「接続性」と「孤立」というコンセプトで星が緩やかに繋がる星座や島が点在する多島海をイメージした展覧会になっている。以下、特に印象に残ったアーティストについて記す。


横浜美術館会場

f:id:shinonomen:20171102125819p:plain

ミスター
 街角の背景の前でベニヤ板に描かれたアニメ風美少女のイラストや大きなフィギュアが無造作な感じで展示されている。遠くから周辺の展示を一望すると、明らかにミスター氏の展示が目立っていて、アニメ絵というのが表現強度が高いということを感じた。

 

f:id:shinonomen:20171102125846p:plain

タチアナ・トゥルべ
 一見して何だか良く分からない板が組み合わさったものが展示されている。解説を読むと扉もなく、内部と外部を隔てるという概念もない新しい家なのだという。普通、家というのは内部と外部を隔てて風雨をしのぐという条件の元で建築家が自由な発想を働かせて設計するが、その条件を取り払ってしまうと、あまりに自由すぎて拠り所がない感じがする。

 

f:id:shinonomen:20171102125915p:plain

木下晋
 元ハンセン病患者の手・足・顔を大画面に鉛筆で稠密に描いた作品。描いた対象の体に刻まれた年月の重みと、それを画面に刻み込んだ細かい手作業の重みとに圧倒される。

 

f:id:shinonomen:20171102125932p:plain

マーク・フスティニアーニ
 ガラスの向こうに無限に続くトンネルがある。恐らくマジックミラーと鏡を使っているのだと思うが、非常に不思議で惹きつけられた。

 

f:id:shinonomen:20171102125951p:plain

ピオラ・ピヴィ
 真っ白な光の中、紫や緑などの色鮮やかな等身大の熊が展示されており、とにかく派手。印象を与えるためには見た目のインパクトが大事だと感じた。


横浜赤レンガ倉庫1号館会場

f:id:shinonomen:20171102130018p:plain

クリスチャン・ヤンコフスキー
 ポーランドの重量挙げ選手達がワルシャワの歴史的彫刻を持ち上げようとするビデオ、「重量級の歴史」などを展示。バカバカしくも分かりやすいコンセプトの楽しいビデオで、かなり多くの人が足を止めて鑑賞していた。

 

f:id:shinonomen:20171102130042p:plain

照沼敦朗
 絵の中に画面が仕込まれていたり、絵が投影されていたりしている作品。無意識領域に直接働きかけられている感じでぞわぞわする。

 

f:id:shinonomen:20171102130102p:plain

ラグナル・キャルタンソン
 部屋の周辺と中央に9つの画面とスピーカーが設置されており、画面の中では各部屋の中でミュージシャンがヘッドフォンをつけて演奏している。中には全裸で泡風呂につかって弾いている男性や、裸の女性の背中が見えているベッドサイドで弾いている男性もいる。後者の方は途中で後ろの女性が起きてこないか見ていたのだが、私が見ている間は寝たままだった。
 それぞれの画面の上のスピーカーではそれぞれが奏でる音が鳴っているのだが、それが部屋の中で交じり合って美しくも切ないハーモニーを形成している。この展覧会のコンセプトにぴったりマッチした企画で考えさせられた。ブログを書くような孤独な行為であっても、この展示のようにゆるやかにつながってハーモニーを奏でることはできるのだろうか。だが、そのためには周りの声に耳を澄ませなければならないのではないか、等々。

 

f:id:shinonomen:20171102130129p:plain

小西紀行
 日曜美術館壇蜜さんがめまいを感じて座り込んでいた作品。書道の一筆書きのような勢いのある筆致で描かれた人間は、家族を描いているのに底が抜けたような不安な感じがする。

 

f:id:shinonomen:20171102130151p:plain

Don't Follow the Wind
 福島第一原発の帰還困難区域に設置された芸術作品を、3Dカメラで撮影。頭からすっぽり被る3D装置をつけて鑑賞するという展示。おそらくわざと重く作られている装置をつけることで、防護服を着ているかのような感覚に襲われる。


横浜市開港記念会館会場

f:id:shinonomen:20171102130217p:plain

f:id:shinonomen:20171102130228p:plain
柳幸典
 真っ暗な地下を歩いて行くと、木の匂いが漂ってくる。大量の廃材が積み重なり、中央に核爆発の映像が映し出されたゴジラの眼球が展示されている。別の部屋では瓦礫が散らばった部屋の方方に、バラバラになった憲法九条の文言が示されたLEDパネルが赤い光を放っている。憲法九条など核の脅威の前では木っ端微塵だと言っているようにも、憲法九条は核の惨禍の廃墟から生まれたのだと言っているようにも見える。


 全体を通して感じたのは、一瞬で伝わるものの方が強く心を揺さぶるということだ。色々とテーマに沿って考えぬかれ、深い意味が込められているんだろうな、と思うような作品もあったのだが、それよりも作品をぱっと見てうわっとなったものの方が印象に残った。
 伝達速度と言う点では絵は圧倒的に速いし、音楽もそれに次ぐ速さだ。散文はそれらに比べ圧倒的に遅く、長く積み重ねないと人の心を揺さぶることができない。この忙しい時代に、散文は芸術として生き残れるのだろうかということを考えさせられた。

 

 

吉野家とはなまるうどんで食いまくった

 

前回のあらすじ:吉野家で「はしご定期券」を入手した私は意気揚々と丸亀製麺に行き、はしご定期券をかざして店員に「それははなまるうどんで使えるカードですね」と告げられる。私は恥辱を埋め合わせるため、アホみたいに吉野家の牛丼を食いまくることを誓うのだった。)

 という訳で、駅の近くの吉野家と、駅から5分くらい歩いた所にあるはなまるうどんに交互に通い、色んな安いメニューを食べまくった。

 

No Photo


牛丼並

 

f:id:shinonomen:20171027182243j:plain

かけうどん(中)+ゲソ天

 

f:id:shinonomen:20171027182310j:plain

コモサラ

 

f:id:shinonomen:20171027182533j:plain

かけうどん(小)+とり天

 

f:id:shinonomen:20171027182602j:plain

黒カレー

 

f:id:shinonomen:20171027182618j:plain

かけうどん(小)+えび天+サラダ

 

f:id:shinonomen:20171027182638j:plain

豚丼

 

f:id:shinonomen:20171027182655j:plain

おろし醤油うどん(小)+ゲソ天

 

 その結果、以下の様なことが分かった。


吉野家豚丼が安くて美味い。たまたまかも知れないが牛丼より肉がたっぷり乗っていた。一方、黒カレーは具が全く入っておらず、悲しい。牛丼屋なんだから一切れくらい肉を入れてくれれば良いのに。
はなまるうどんは天ぷらが結構美味しい。ゲソ天は食べごたえがあり、とり天はジューシー、えび天は仕込んである味塩が美味い。かけうどんは味はいまいちだが小が130円ととにかく安い。
・野菜をつけると満足度が増す。吉野家では牛丼よりコモサラの方が満足度が高い。また、はなまるうどんでは野菜入りのうどんを頼むより、かけうどんと野菜サラダを別に頼んだ方が安い。(これは店によっては売っていないようだ。)

 300円のはしご定期券を使うと吉野家は80円引き、はなまるうどんはてんぷら一品無料になる。収支を計算すると、下記のようになる。
 -300+80×4+160+140+140+160=620

 私の恥辱は明らかに620円よりは安いので、見事恥辱を埋め合わせることに成功した。私の勝ちだ!(何が?)

 だが、これで吉野家はなまるうどんに今まで知らなかった美味いメニューがあることが分かったため、今後私が両店に行く頻度が高まるだろう。結局は吉野家はなまるうどんの手の平の上で踊らされただけかも知れない。
 

shinonomen.hatenablog.com

文化の盗用と関西弁

 しばらく前にわっとさんが文化の盗用の問題点について書かれていた。

www.watto.nagoya

 私はモデルのカーリー・クロス氏が和服を着てグラビア撮影を行い、バッシングされた事件で文化の盗用という概念を知ったので、文化の盗用=行き過ぎたポリコレだと捉えていたのだが、右翼政党党首のブルカのように問題である場合もあるのだと考えを改めた。

 私は和服はOKでブルカはNGだと感じ、ブコメもほぼ擁護一色だった和服に対し、ブルカの方は問題だと考える人も多く、賛否が二分されていた。何故そんな違いが生じたのだろうか。

 まず考えられるのが、悪意の有無だ。和服を着たモデルには日本文化を貶める意図はなかったのに対し、ブルカを着た議員はイスラム文化を批判する意図が含まれていた。盗用が悪意によって行われているか、善意によって行われているかで、受け手の印象が異なってくるのは当然だ。禅や盆栽などの日本文化に惹かれ、真摯に取り組んでいる外国人のことを文化の盗用だと言う人はいない。そこに敬意があるからだ。

 だが、善意であっても相手を傷つけることはある。クロス氏の例でも、最初に行った「ネイティヴ・アメリカン風のヘッドドレス」に関しては駄目なんじゃないかというコメントが散見された。何故ネイティヴ・アメリカンの衣装は駄目で日本の衣装はOKなのか。それはその衣装がパブリックドメイン化されているかに依るのではないか。(同様の指摘をブコメでstand_up1973さんがされている。)

 著作権が切れた作品はパブリックドメインとなり、それを用いて創作活動を行っても盗用であるとは見なされない。文化の盗用に関しても同じことが言えるのではないか。

 例えば、外国人が日本語を話しているのに対し、文化の盗用だ! などと言う人はいない。日本語はパブリックドメインになっていて、誰でも自由に用いることができるという意識が共有されているからだ。スーツは元々英国の民族衣装だが、アジア人やアフリカ人がスーツを着ていても文化の盗用だなどと言われることはない。スーツもパブリックドメイン化しているからだ。
 和服について日本人の多くはパブリックドメインだと考えている。従って、モデルがバッシングされている時、多くに日本人は理由が分からず戸惑っていた。おそらく、批判していた欧米人は、和服は日本人の私的な物であり、パブリックドメイン化されていないと思っていた。そのずれが欧米と日本での反応の違いを生み出したのではあるまいか。


 そんなことを考えている時、マクドナルドが関西弁の広告を打ち、話題となった。

b.hatena.ne.jp

 これに対しwhkrさんが「文化的窃盗だ。」というコメントを書かれていた。

マクドからのメッセージ | 会社情報 | McDonald's Japan

文化的窃盗だ。

2017/08/22 18:17

b.hatena.ne.jp

whkrさんは冗談で書かれたのかも知れないが、私は目から鱗が落ちる思いだった。何故関西人が、非ネイティブの関西弁を嫌がるのかが分かったからだ。

 関西人はしばしば、関西人以外が下手な関西弁を使うのを嫌がる。半沢直樹でもそういう描写があったし、マクドナルドの広告でもkibarashi9さんが「関西の人がイラっとくるやつ。」というコメントを書かれていた。私はこれを、外国人が下手な日本語を使うのを嫌がっているようなものだと考え、心が狭いと感じていた。私の中では関西弁は共通語と同じパブリックドメイン化された言語の一種だからだ。

 だが、恐らく非ネイティブの関西弁を嫌う関西人は、関西弁をパブリックドメインではなく私的なものだと考えているのではないか。それ故に、下手な関西弁を聞くと、私的なものを盗用されたように感じて不快になっていたのではないだろうか。

 

www.huffingtonpost.jp

エスカレート・立場の逆転・身体性・斬新さ――キングオブコント2017感想

(本稿はキングオブコント2017のネタバレを含みます。)

 キングオブコント2017かまいたちが優勝した。一方で、最も衝撃を与えたのはにゃんこスターのリズム縄跳びネタだろう。
 全15ネタを見返した所、高得点を得たネタに共通する要素が見えてきた。それが、「エスカレート・立場の逆転・身体性・斬新さ」の4要素だ。

エスカレート
 終盤に行くにつれて段々極端になっていくという要素で、最も多くの作品に見られた。具体的にはかまいたち2本目のウェットスーツの脱がせ方の荒々しさや、1本目の山内のヤバさ、さらば青春の光1本目の一皿を誤配する回数など。

2立場の逆転
 前半と後半で立場が逆転するという要素。ジャングルポケット1本目の、エレベーターで上に行こうとしては邪魔されていたサラリーマンが、後半では逆に残ろうとするネタが典型的。かまいたち1本目のネタにも馬鹿にしていたのが恐怖におののくようになるという逆転要素がある。

3身体性
 足を持って体を床に打ちつけるかまいたちの2本目や何度もロッカーに体を打ちつけるジャングルポケット2本目のようないわゆる体を張ったネタ。ガリガリの体をさらしていたアンガールズ1本目もある意味体を張ったネタと言えるだろう。

4斬新さ
 良くこんなネタを思いついたなという斬新な発想。さらば青春の光アンガールズのネタの発想力には唸らされた。

 上位進出したグループのネタは、四要素の内の一つ、または複数の要素を含んでいる。特に優勝したかまいたちは、練りこまれた脚本の1本目と体を張った2本目という全く違う要素で勝負してきており、引き出しの多さが伺える。
 逆に、得点が伸びなかったGAG少年楽団、パーパーなどは、突出した4要素を持たなかったため、強い印象を残せなかった。

 そこで問題のにゃんこスターだ。にゃんこスターのネタは何と四要素を全て含んでいるのだ。
エスカレート→スーパー3助のツッコミがどんどんエスカレートしていく。
2立場の逆転→サビで縄跳びを使わずに変な動きをすることに批判的だったスーパー3助が、変な動きを渇望するようになる。
3身体性アンゴラ村長が本格的なリズムなわとびを披露する。
4斬新さ→コントの領域を拡張する斬新さ。染之助・染太郎みたいな芸をコントと融合させた。

 にゃんこスターのネタには賛否両論が巻き起こっており、絶賛する人がいる一方で、全然面白くなかったという人も散見される。面白いかどうかは主観の問題だが、少なくとも良く練りこまれた完成度の高いネタではあると思う。

 にゃんこスターのすごさに関しては、hiko1985氏がにゃんこスター「リズム縄跳び」の衝撃という素晴らしい評論を書かれているので、そちらをご覧下さい。

 

hiko1985.hatenablog.com

バナナは野菜350gの代わりになるか

一日分の野菜とは何ぞという増田記事を読んだ。

それに対し、ネギさんが「野菜じゃなくてバナナ1本でいいんだよ。」というコメントをされていた。

 

一日分の野菜とは何ぞ

野菜じゃなくてバナナ1本でいいんだよ。

2017/10/04 16:44

b.hatena.ne.jp

 

野菜を350gも食べるのは大変なので、バナナ1本で代替できるなら朗報である。本当かどうか調べてみた。

 

browncapuchin.hatenablog.com


上記の記事によると、
ビタミンC、食物繊維、カリウムの必要量を摂取するために取るべき野菜の量は下記の通りだ。

ビタミンC:200-249g/日
食物繊維:250-299g/日
カリウム:300-349g/日

分かりにくいのは、これは野菜350gだけで一日に必要な3栄養素がとれると言っているわけではなく、他の食事に加えて野菜350gを取ることで、必要量が満たせると言っていることだ。従って、野菜に各栄養素がどの程度含まれるかのデータは別に取ってこなくてはならない。

一方、バナナ一本に含まれる3栄養素の量は下記のサイトに書かれている。

栄養成分比較表|バナナの栄養素|バナナのおいしい食べ方|バナナはスミフル

カリウム 360mg
食物繊維 1.1g
ビタミンC 16mg

つまり、この量が野菜に換算するとどの程度の量なのか調べればよいわけだ。

 

1.カリウム

野菜を一日350g食べよう! | 今月のトピックス | 公益財団法人 日本心臓財団

上記のサイトによると、「野菜には100グラム当たり、200~400㎎のカリウムが含まれます。」とある。
間を取って300mgとすると、100:300=x:360 x=120
バナナ1本は120gの野菜に相当することが分かる。つまり、バナナを1本食べればカリウムに関しては野菜は230g食べるだけで良いと言える。(350g-120g)

 

2.食物繊維

http://www.city.ogori.fukuoka.jp/files/3413/5052/9292/24-2ei.pdf

上記のサイトによると「野菜350gで食物繊維の目標量のおよそ半分(8~10g)摂ることができます。」とある。
同様に350gで9gだとすると、350:9=x:1.1 x=42
バナナ1本は42gの野菜に相当することが分かる。食物繊維に関しては野菜は300g採れば十分である。つまり、バナナを1本食べれば食物繊維に関しては野菜は258g食べるだけで良いことになる。

 

3.ビタミンC
ビタミンCは野菜250gを採れば十分である。258gより少ないので、バナナの寄与について計算する必要はない。

1~3の中で最も多い258gが必要量となる。

結論
野菜350gは野菜258gとバナナ1本で代替できる。

 

君は野菜350gの理由を説明できるか? - おまきざるの自由研究 から孫引きすると、日本人の野菜の平均摂取量は282g。つまり、バナナ1本を食べれば野菜を全く食べなくてよいわけではないが、平均的に野菜を採っている人は、毎日バナナ1本を食べるだけで3栄養素の目標値をクリアすることができるということだ。

ネギさんが言われていたことは正しかったのだ。おみそれしました。


色んな所からデータをつまみ食いしているので、間違っているかもしれない。間違いがあったらブコメでご指摘下さい。