東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

テクニカル分析は役立つこともあるが、今は役に立たない

 テクニカル分析は、経済学の世界では非常に評判が悪い。

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理』(バートン・マルキール著、井手正介訳、日本経済新聞社)はテクニカル分析をボロクソに叩いている。

 マルキール氏は「ランダムなコイン投げの結果として描かれたチャートは、通常の株価チャートと驚くほど似ている。時にはサイクルさえ描いてみせる。」と指摘。
 「おそらく、テクニカル分析手法に対する最も有効な反論は、投資家による利益最大化の行動がもたらす論理的帰結であろう。(中略)もし一部の人々が、その銘柄の株価が明日四〇ドルになることを知っていたとすれば、株価は明日ではなく、今日ただ今四〇ドルになるだろう。(中略)株価は新たな情報に対して非常にすばやく反応するから、テクニカル分析を試みる努力は決して報われない。」と上手くいかない理由を分析し、にも関わらずテクニカル分析が廃れない理由を、
 「チャーティストが勧めるテクニカル戦略は必ずと言っていいほど、銘柄間の乗り換え取引を伴うものだ。こういった取引は証券会社に、彼らの血液とも言える手数料収入をもたらす。テクニカル・アナリストは、顧客がヨットを買う手助けにはならないが、取引を作り出す上では大いに助けとなる。おかげで、証券会社の社員はヨットを買うこともできるというわけだ。」と皮肉っている。

 私もかつてはテクニカル分析を信じている人は創造説を信じるような科学リテラシーのない人だけだと思っていた。だが、創造説が現実の政治に影響を及ぼしているように、テクニカル分析も現実の株価に影響を及ぼしている。

 『ウォール街のランダム・ウォーカー』も注意深く読むと、テクニカル分析が株価の予想に多少は役に立つこともあることをしぶしぶ認めている。
 行動ファイナンス学者の研究によると、
 「広く分散投資された株式ポートフォリオの週次と月次の所有期間リターンに関して、連続的な正の相関が見られた。つまり、ある週のリターンがプラスであれば、次の週のリターンもプラスになる可能性のほうが、そうでない可能性よりも大きい
 「テクニカル・アナリストたちが用いるチャート手法の中には、ある程度の予測力を持つものがありうる。
 のだと言う。
 マルキール氏はモメンタム(株価が同方向に動きやすい性質)戦略がバイ・アンド・ホールド戦略に勝てないことをもって、効率的市場仮説の正しさを主張しているが、それは話のすり替えだろう。効率的市場仮説が正しければバイ・アンド・ホールド戦略が最強になるが、バイ・アンド・ホールド戦略が最強だからと言って、効率的市場仮説が正しいとは限らないからだ。

 テクニカル分析は本書で言う所の「砂上の楼閣理論」に基いている。
 砂上の楼閣理論とは株価の動きのうち、合理的に説明のつく部分はせいぜい一〇%くらいで、残りの九〇%は心理的な要因によるものであるという考え方だ。
 普段の株価は短期的にはランダムに、長期的にはファンダメンタルに基いて動いている。
 しかし、バブルが発生したり、株価が暴落したりといった狂乱が生じている時は、心理的要因が強まっているため、テクニカル分析の有効性が高まる。

 2019年6月上旬現在、テクニカル分析は有効なのだろうか? 先月から今月にかけて株価は大きな下落し、反発した。そこそこの狂乱が生じていたのだから、テクニカル分析によってある程度株価を予想できたのだろうか。
 絶対に無理だ。

 なぜなら、現在はテクニカル分析の元となる心理的影響よりずっと大きな力が存在しているからだ。それはトランプ大統領だ。

 5月の株価急落は米中貿易協議が突如決裂しトランプ大統領が中国に追加関税を課すと発表したのが原因で、トランプ大統領が対メキシコ関税の発動を表明したことがダメ押しとなった。
 その後、FRBが利下げに柔軟な姿勢を示したことが好感されて反発し、トランプ大統領が対メキシコ関税の発動撤回を表明してさらに上昇した。

 3/4はトランプ大統領の発言によるものだ。そしてこれらはどれも事前に予想するのは不可能だった。
 テクニカル分析の元になっているモメンタムは、マルキール氏も指摘するように弱い力だ。他にずっと大きな力が働いているのだから、テクニカル分析は現状では何の役にも立たない。

 株価の予想は校庭に転がったボールの動きを予想するようなものだ。校庭が無人で、ボールが勢い良く転がっていれば、現在ボールがどちらに向かって転がっているかを元に今後の挙動を予想すること(=テクニカル分析)はある程度有効だ。
 だが、校庭でゴジラが暴れている時に、テクニカル分析をしても意味が無い。

 元々株の値動きを予想することは難しいが、現在は突然株価を撹乱する巨大なリスク要因(トランプ大統領)が存在しているため、なおさら予測不可能だ。値動きに惑わされず、安ければ買い、高ければ買わない(もしくは売る)ことが重要だ。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

単純化との向き合い方―ブラタモリの探求感想

 幕張メッセで毎年5月末に日本地球惑星科学連合大会という地学分野の研究発表や企業展示が一堂に会する大会が開かれている。その中でブラタモリの探求-「つたわる科学」のつくりかた』という一般公開プログラムを実施していた。『ブラタモリ』の製作者や出演者が番組の裏側を語るという内容だ。

confit.atlas.jp

 15分の発表8本+総合討論という構成で、番組がすごい労力をかけて作られているということが多面的に分かって面白かった。特に、小山真人氏と井上素子氏という二人の案内人の発表が、光と影の両面を伝えていて印象深かった。

 『地球科学者がブラタモリを案内して考えたこと』は富士山の回で案内人をされた小山真人氏による発表で、テレビの科学番組のいい加減さをガンガン批判されていて痛快だった。
 小山氏によると、NHKでも専門家が直しに関われないため、全く間違ったCGを作るような番組もある。ブラタモリは何度も修正を行っているため他の番組よりはずっと正確だが、それでも番組側からの単純化圧力があり、圧力に屈したと思しき例が散見されるのだと言う。
 小山氏が例に上げていた内の一つがパリの石灰岩だ。番組ではパリの石灰岩が日本の石灰岩より柔らかいことを寿司と餅に例え、日本の石灰岩はプレート境界で地中深くまで沈み込み高い圧力が加わったため餅のように固くなったのだと説明していた。
 だが、小山氏によると、日本の石灰岩の方が古いから固いという説明の方がより適切なのだと言う。

 一方、長瀞秩父の案内人、井上素子氏のブラタモリ番組政策に学ぶ博物館のアウトリーチ活動の在り方』は正確さよりも大切なことがあるという観点から発表されていた。
 井上氏はディレクターから「案内人は黒衣に徹して下さい。案内人の説明が長いと草なぎ君が代わりに説明します。タモリさんがしゃべる尺が長いと成功です。」ということを言われたそうだ。
 タモリさんの説明には不正確な部分もあるのだが、知的に楽しむ姿を見せることで多くの人に地学の楽しさを伝えることの方が重要なのではないかという指摘をされていて、そういう見方もあるのかと感心した。

 確かに、パリの石灰岩が柔らかい理由を一般の視聴者が正確に知っている必要はあるか、不正確だとどんな不都合があるのか、と問われると答えに窮する。高い圧力が加わったから固いというのも嘘ではないので、多少不正確でも、地学に興味を持つ人を増やすことの方が重要だという指摘には一理ある。
 
 だが、単純化圧力は地学だけの問題ではない。今やあらゆる所に存在している。
 トランプ大統領は、貿易赤字は悪で、米国は中国やメキシコ、日本などに搾取されていると訴えている。確かに安い製品によってシェアを奪われた米国内の製造業者にとっては悪だろう。
 だが、米国の消費者にとってはそれだけ暮らしが豊かになっているのだから、良いことである。貿易赤字=悪のような単純な問題ではないのだ。
 だが、単純化が主張を広めるのに有効なことは、トランプ大統領や世界中で出現しているミニトランプを見れば明らかだ。

 我々は単純化とどう向き合っていけば良いのだろうか。
 情報の送り手としては、正確性に固執せず、ある程度の単純化は受け入れるべきだろう。だが、その場合でも嘘や間違いは避けるべきだ。倫理的に問題であるだけでなく、嘘がバレた時に信頼性を損ねてしまうからだ。
 また、単純化した情報によって興味を覚えた人が、より複雑な情報へアクセスできるよう整備しておく必要がある。そういう意味で地質学は全然駄目だ。最新の知見を取り込んだ地域地質の本やサイトが整備されておらず、いきなり論文を読まねばならない。

 一方、情報の受け手としては 単純化に抗う必要がある。政治のような問題では反対派が悪で自分たちが善みたいに単純化した方が気持ち良いが、実際はそう単純ではない。
 単純化してしまうと、党派性に囚われて判断を間違えかねない。我々は世界が複雑ですっきりとは割り切れないことに耐えねばならないのだ。

www4.nhk.or.jp

 

金利2%!ドル建てMMFの定期買い付けは有効か

 日本円ベースで運用している投資家は適当な債権的運用先が無くて困っている。
 債権的運用先とは、低金利だが値動きが少なく、ポートフォリオに組み込むことで資産全体のリスクを軽減できる商品のことだ。
 元本保証の定期預金や日本国債金利が0.1%程度であり、タンス預金と大して変わらない。
 比較的有望なのがJリートだが、みんな債権的運用先を求めているので、ずっと高めになっている。

shinonomen.hatenablog.com

 ドル建ての債権的商品にMMFがある。格付けの高い短期債券のみで構成された投資信託の一種で、安全第一で設計されているためよほどのことがない限り元本割れしない。株や通常の債券に比べると金利は低いが、それでも2%程度ある。さらに素晴らしいのが投資資金を一時的に置いておくための商品なので買い付け手数料がかからず、いつでも解約できるということだ。
 現在、米国10年国債金利は2.227%、ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンドは2.028%なのでそれほど変わらない。それならば、買い付け手数料がかからず元本割れリスクが低いMMFで運用した方が良さそうだ。

投信・外貨建MMF|SBI証券

 ドル建てMMF最大の難点は為替の影響を受けることだ。せっかく2%の金利がついても、2%以上ドル安に振れたら、円ベースの価値はマイナスになってしまう。
 だが、株は買う時期を分散することでリスクを低減することができる。MMFも時間分散して定期買い付けをすることで、為替の影響を緩和できるのではないか。

 そこで過去一年間週に一回MMFを定期買い付けした場合の収支を計算してみた。
 2018年5月27日から2019年5月26日までの1年間、毎週1000円ずつドル転し、ブラックロックMMFに積み立てると、下記のようになる。
積み立て金額(円ベース)52,000円
積み立て金額(ドルベース)467.62$
金利(ドルベース) 4.77$
年利回り(ドルベース) 1.02%
年利回り(円ベース) -0.45%

 金利は2%程度あるものの、1年間に分散して買い付けると、平均保有期間は半年になってしまうため、利回りは1%程度に低下する。
 さらにひどいのは円ベースの利回りで、0.45%のマイナスとなった。過去1年間の平均より、現在の為替がドル安になっているためだ。

 今回の試算では手数料を考慮していないが、実際はドル転の際に1ドルにつき4銭の手数料がかかるし(SBI銀行を利用した場合)、為替も若干不利になる。
 過去1年間で週次為替レートは108.48円~113.78円に変動している。変動幅は4.89%もある。2%程度の金利では為替リスクに見合わない。

 さらに悪いことに、今後米国が利下げを行うと、為替は円高に振れ、ドル試算は目減りすると予想されている。円高になった機を捉えてドル転するのならともかく、MMFを定期買い付けするのは良くない。日本円で銀行に置いておいた方がましである。

日本株は成長業種だけに投資せよ

 日本株は食品、エネルギー資源など17の業種に分けられる。TOPIXには業種別ETFが存在し、業種毎に投資することができる。
 一般に、業種別投資は上手くいかないと言われている。過去の業績が好調だったからと言って、今後も好調だとは限らない。株価がどんどん上がっている業種はすでに割高になっているので、かえってリターンが悪くなると言うのだ。

 確かに、一年程度の短期のリターンは株価が割高か割安かに大きく左右される。しかし、長期的に見れば、株のリターンは利益成長率に比例する。
 どの業種も同程度の成長性であれば、市場全体に投資すべきだ。しかし、業種によって長期の成長性が全然違うのであれば、高成長業種に絞って投資すべきではないか。

 下表はTOPIXの業種別ETF、NEXT FUNDS(TOPIX-17)シリーズの情報をまとめたものだ。業種によって長期リターンが全然違うことが分かる。

業種 基準価額 純資産総額 3年騰落率 設定来騰落率 最新分配金 設定来累計分配金 組入上位
医薬品 224760 30.1 17.5 140.2 3750 38890 武田薬品アステラス製薬第一三共
小売 198368 6 12.2 134.4 1280 27040 セブン&アイHD、イオン、ファーストリテイリング
情報通信・サービス 214777 15.1 33.7 130.5 2170 26074 ソフトバンク、NTT、リクルートHD
素材・化学 241337 13.8 45 126.1 4480 30634 花王信越化学工業資生堂
建設・資材 217540 22.1 19.3 119.2 4480 54508 大和ハウス積水ハウス大東建託
食品 304161 9.4 7.5 104.7 7660 43832 JT、キリンHD、アサヒGHD
商社・卸売 330848 10 51.3 83.7 7020 84219 三菱商事三井物産伊藤忠商事
機械 311956 41.3 32 81.6 4030 49663 ダイキン工業、SMC、小松製作所
自動車・輸送機 197177 66 8.9 62.1 4240 40163 トヨタ自動車本田技研工業ブリジストン
電機・精密 177790 26.6 40.3 58.7 2290 17630 キーエンスソニーファナック
運輸・物流 19370 57.2 18.7 52.1 1680 16905 JR東海JR東日本JR西日本
不動産 280083 9.7 1.8 28.1 3510 25950 三井不動産三菱地所住友不動産
金融(除く銀行) 117798 1.5 18.5 0.4 4740 26577 東京海上HD、オリックス、MS&ADIGHD
エネルギー資源 117027 2.4 37.4 0.1 3600 40946 JXTGHD、国際石油開発帝石、出光興産
銀行 91438 25.2 10.9 -22.6 3230 29951 三菱UFJFG、三井住友FG、みずほFG
鉄鋼・非鉄 162532 2.4 18.2 -25.4 490 71934 新日鐵住金住友電気工業、JFEHD
電力・ガス 81720 2.5 14 -25.4 1380 15084 関西電力東京瓦斯東京電力HD

 17業種中、医薬品(140.2%)、小売(134.4%)、情報通信・サービス(130.5%)、素材・化学(126.1%)、建設・資材(119.2%)、食品(104.7%)
の6業種は設定来の11年間で株価が倍以上になっており、長期投資に適している。
 特に、素材・化学は29期連続増配の花王を始め国際競争力が高い優良企業が多い。騰落率トップの医薬品は個別企業には新薬開発失敗リスクがつきものだが、業種全体としては高齢化が進む社会情勢を考えても安定成長する可能性が高い。

 また、商社・卸売と電機・精密は3年騰落率が非常に高い。近年業績が改善しているからだと考えれば、投資するのも面白い。特に、商社・卸売は分配金が高くPERも割安なので投資先として有望だ。

 逆に、電力・ガス、鉄鋼・非鉄、銀行、エネルギー資源、金融(除く銀行)の設定来騰落率ワースト5業種は、11年間で株価が全く上がっていないか、下がっている。
 これらの業種は日本の国際的競争力が低く、今後成長率が大きく改善するとは考えにくい。

 インデックス投資は投資先全体が成長することに期待する投資法だ。従って、成長していない業種に投資するのはインデックス投資の趣旨に反している。
 これらの業種は下がった時に買い、上がったら売るうねり取りでなら買う意味があるが、長期投資しても意味がない。


 実際に投資する場合は機械的に、設定来騰落率の上位から買っていけば良いだろう。資金量に応じて設定来騰落率上位4,7,11業種のETFを買うのがおすすめだ。
 具体的にはダイワ上場投信・TOPIX-17シリーズが信託報酬0.18%で最も安い。

 一部の業種だけを買うと分散が不十分になり、市場全体を買うよりハイリスクになるという懸念を持たれる方もいるかも知れない。
 だが上位7業種のうち
医薬品と食品はディフェンシブ株
素材・化学と商社・卸売は景気敏感株
他は中間的なので上位だけ買ってもリスクが高くはないだろう。

 2019年5月21日現在、上位業種のほとんどは安値圏にある。唯一、情報通信・サービスだけは高めなので、割安さにこだわる人は避けても良いかも知れない。


 この投資法の欠点は二つある。
 一つはETFが1株2~3万なので、4業種に分散投資するだけで10万円程かかってしまうことだ。日経平均TOPIX投資信託が100円から買えるのと比べると、ある程度まとまった資金が必要だ。
 もう一つは、業種別ETFがあまり人気がないので、償還のリスクがあることだ。償還されると償還時の価格で買い取りになるので、株価が低迷している時に償還になると、損をする恐れがある。

 
 これらの欠点を差し引いても、難しい銘柄検証をすることなしに、TOPIXを上回るリターンが期待できるのは魅力的だ。なぜこんなに簡単な方法がメジャーにならないのか不思議でならない。

nextfunds.jp

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

個性を祝福する文学――十二人の死にたい子どもたち感想

 『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁著、文藝春秋)は連休中に一気読みした。こんなにページを繰る手を止められない小説は久しぶりだ。
 本作は十二人が室内で議論をしながら事件の謎を解いていくという『十二人の怒れる男』のオマージュ作品だ。『十二人の怒れる男』も結構キャラが立っていたが、幾人か印象の薄い人物もいた。

 一方、『十二人の死にたい子どもたち』は十二人全員がめちゃくちゃキャラが立っており、全員に見せ場がある。
 単純な頭の良さではシンジロウとアンリが抜けているのだが、場の空気を読むことに長けていたり、逆に全く空気を読まなかったり、突然鋭い洞察力を発揮したり、ものすごくしぶとくて絶対引かなかったり、アホっぽいのにトリックスターとして場をかき乱したりと一人ひとりに強みがある。意外なキャラが強い奴を打ちのめしたり、突然牙を剥いたりして飽きさせない。剣豪が集まってバトルロイヤルをやっているみたいな面白さがある。
 それでいて、こういう奴もいそうだ、というリアリティラインを守っている。ライトノベルと一般小説の良い所取りをしたような作品だ。

 本作は、節毎に視点人物が変わる三人称多重内視点が採用されている。三人称多重内視点により、キャラクターの印象が多面的になっている。
 ある人物のことを、ある人物は自分をちっとも可哀想だと思っていない優しい子だと思い、別の人物は考えることを楽しんでいるだけで誰の味方でもないと捉えている。色んな人物に語らせることで、キャラクターの色んな側面が炙りだされているのだ。

 現実世界ではキャラが立っているのは必ずしも良いことではない。
 本作でも、空気を読めない子がそのせいでいじめにあったり、気が弱い子が母親の言いなりになってしまったり、キャラが立っているせいで災厄が降りかかっている例が多数登場する。
 また、敵とみなした者を狂戦士のように叩きまくる奴なども登場し、現実にいたら絶対関わりあいになりたくない。

 だが、ライトノベルではキャラが立っているのは無条件で良いことだ。ライトノベルは面白さが最優先される文学であり、キャラが立っている方が面白いからだ。
 マイが「ケンちゃんみたいなの、人気者になれるところもあると思うんだけどなー」と言うのだが、人気者になれるところとはライトノベルのことだ。
 ライトノベルは個性を祝福する文学なのだ。

 

日本株は成長株しか値上がりしていない

 日本株はトランプショックで値下がりしたものの、年初来では5%値上がりしている(5月10日時点)。
 しかし、日本株全体が上がっているわけではない。
 5月10日の25日騰落レシオ(東証一部)は84.42。これは、過去25日間で値上がりした銘柄数が、値下がりした銘柄数の84%しかないということだ。
 その間、日経平均は1.48%値上がりしている。日経平均は上がっているのに、値下がりしている株の方が多いのだ。

f:id:shinonomen:20190514175652j:plain

 写真は5月11日の新聞の週間株式欄だが、年初来安値更新を示す三列目が白抜きになっている銘柄が目立つ。
 年初来安値ということは、皆がパニック売りして株価が大暴落していた年初よりも安いということだ。
 特に銀行や電力・ガスでは過半数の株が年初来安値を更新している。
 消費増税の影響を受ける建設、食品、卸売、小売といった内需系や米中貿易戦争の影響を受ける鉄鋼・金属、化学も冴えない。
 年初来高値を更新している銘柄は情報通信やサービス分野に集中している。


 年初来安値からの値上がり率ランキングを見ると
1 環境管理センター 358.52%
2 アピックヤマダ 266.45%
3 Amazia 229.15%

 聞きなじみのない新興銘柄が並んでいる。
 比較的有名な企業ではメルカリが81.05%上昇して74位、はてなが78.97%上昇して81位に入っている。
 幸せの青い鳥が近くにいるとは本当だったのだ。
 私は昨年に一度はてなを買うか検討し、追加投資をしなくてもユーザーが勝手にコンテンツを作ってくれるビジネスモデルは魅力的だと思ったのだが、PERが高いし、ユーザーがケチで儲からなそうなので見送ってしまったのだ。

 これらの成長株の5月13日時点でのファンダメンタルは下記のとおりだ。

環境管理センター PER127.33 PBR3.58 配当利回り0%
アピックヤマダ PER- PBR2.14 配当利回り0%
Amazia PER93.58 PBR49.95 配当利回り0%
メルカリ PER- PBR7.37 配当利回り0%
はてな PER44.74 PBR7 配当利回り0%

 アピックヤマダとメルカリは赤字なのでPERは算出不能、他も極めて高い。
 PER45の株が標準的値であるPER15まで下落したら株価は1/3になってしまう。
 値上がりしている成長株は概して割高すぎて暴落のリスクが高く、手が出せない。


 一方、成熟株は軒並み割安になっている。

トヨタ自動車 PER9.85 PBR0.96 配当利回り3.36%
三菱UFJFG PER6.97 PBR0.41 配当利回り4.29%
オリックス PER6.03 PBR0.68 配当利回り5.15%
伊藤忠商事 PER5.97 PBR1.02 配当利回り4.3%

 業績は悪くないのにひどいバーゲンセールだ。
 これらの株はさすがに安すぎるので長い目で見れば適切なファンダメンタルまで回復する可能性が高い。問題はいつまで待てばよいか分からないことなのだが。

 

shinonomen.hatenablog.com

S&P500のPERがようやく17.0以下の妥当な水準まで下がってきた。

タニタの体重計と体組成計を比較する

 甥の結婚式の引き出物で選べるギフトをもらった。自宅の体重計が壊れかけているので、タニタの体組成計BC-714を注文した。
 先日、使用を開始したので、両者の機能を比較し、どちらが優れているか判定する。

f:id:shinonomen:20190509181916j:plain

体重計

f:id:shinonomen:20190509181943j:plain

体組成計

サイズ
体重計  小さい
体組成計 薄い
判定   引き分け
体重計の方がコンパクトだが、体組成計の方が薄い。引き分け。

ランニングコスト
体重計  無料
体組成計 電池代
判定   体重計の勝ち
体重計はバネ式なので金がかからないが、体組成計は電池代がかかる。体重計の勝ち。

機能
体重計  体重のみ
体組成計 体重、BMI体脂肪率、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、内蔵脂肪レベル、推定骨量
判定   体組成計の勝ち
体重計が量れるのは体重だけだが、体組成計は8項目も量ることができる。ちょっと多すぎる気もするが、大は小を兼ねるので体組成計の勝ち。

精度
体重計  0.2kg程度。載る度に0.2kg前後の誤差あり。実際より2kgぐらい軽く出る。(0kgがずれているせい?)
体組成計 0.1kg
判定   引き分け
精度は体組成計の方が高いが、体重計の方が軽く出るので嬉しい。引き分け。

計測の手間
体重計  一度蹴る必要あり
体組成計 乗るだけで良い
判定   体組成計の勝ち
体重計は内部機構が錆び付いているので、一度蹴飛ばして針を動かしてから乗る必要があるが、体組成計はただ乗れば良い。体組成計の勝ち。

2勝1敗2引き分けで体組成計の勝ち
5項目について比較検討した結果、体組成計が勝利した。体重計が負けたのは古くなって錆びついていたせいであり、新品ならば良い勝負だった。

 これまでの体重計は精度が低い上に、載る度に体重が変わるので、本当に体重が増えたのではなく、計測誤差で増えたのではないか、という逃げ道があった。
 これからは体重が増えたという厳しい現実を直視しながら、新しい時代を歩んで行きたい。