東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

エスカレート・立場の逆転・身体性・斬新さ――キングオブコント2017感想

(本稿はキングオブコント2017のネタバレを含みます。)

 キングオブコント2017かまいたちが優勝した。一方で、最も衝撃を与えたのはにゃんこスターのリズム縄跳びネタだろう。
 全15ネタを見返した所、高得点を得たネタに共通する要素が見えてきた。それが、「エスカレート・立場の逆転・身体性・斬新さ」の4要素だ。

エスカレート
 終盤に行くにつれて段々極端になっていくという要素で、最も多くの作品に見られた。具体的にはかまいたち2本目のウェットスーツの脱がせ方の荒々しさや、1本目の山内のヤバさ、さらば青春の光1本目の一皿を誤配する回数など。

2立場の逆転
 前半と後半で立場が逆転するという要素。ジャングルポケット1本目の、エレベーターで上に行こうとしては邪魔されていたサラリーマンが、後半では逆に残ろうとするネタが典型的。かまいたち1本目のネタにも馬鹿にしていたのが恐怖におののくようになるという逆転要素がある。

3身体性
 足を持って体を床に打ちつけるかまいたちの2本目や何度もロッカーに体を打ちつけるジャングルポケット2本目のようないわゆる体を張ったネタ。ガリガリの体をさらしていたアンガールズ1本目もある意味体を張ったネタと言えるだろう。

4斬新さ
 良くこんなネタを思いついたなという斬新な発想。さらば青春の光アンガールズのネタの発想力には唸らされた。

 上位進出したグループのネタは、四要素の内の一つ、または複数の要素を含んでいる。特に優勝したかまいたちは、練りこまれた脚本の1本目と体を張った2本目という全く違う要素で勝負してきており、引き出しの多さが伺える。
 逆に、得点が伸びなかったGAG少年楽団、パーパーなどは、突出した4要素を持たなかったため、強い印象を残せなかった。

 そこで問題のにゃんこスターだ。にゃんこスターのネタは何と四要素を全て含んでいるのだ。
エスカレート→スーパー3助のツッコミがどんどんエスカレートしていく。
2立場の逆転→サビで縄跳びを使わずに変な動きをすることに批判的だったスーパー3助が、変な動きを渇望するようになる。
3身体性アンゴラ村長が本格的なリズムなわとびを披露する。
4斬新さ→コントの領域を拡張する斬新さ。染之助・染太郎みたいな芸をコントと融合させた。

 にゃんこスターのネタには賛否両論が巻き起こっており、絶賛する人がいる一方で、全然面白くなかったという人も散見される。面白いかどうかは主観の問題だが、少なくとも良く練りこまれた完成度の高いネタではあると思う。

 にゃんこスターのすごさに関しては、hiko1985氏がにゃんこスター「リズム縄跳び」の衝撃という素晴らしい評論を書かれているので、そちらをご覧下さい。

 

hiko1985.hatenablog.com

バナナは野菜350gの代わりになるか

一日分の野菜とは何ぞという増田記事を読んだ。

それに対し、ネギさんが「野菜じゃなくてバナナ1本でいいんだよ。」というコメントをされていた。

 

一日分の野菜とは何ぞ

野菜じゃなくてバナナ1本でいいんだよ。

2017/10/04 16:44

b.hatena.ne.jp

 

野菜を350gも食べるのは大変なので、バナナ1本で代替できるなら朗報である。本当かどうか調べてみた。

 

browncapuchin.hatenablog.com


上記の記事によると、
ビタミンC、食物繊維、カリウムの必要量を摂取するために取るべき野菜の量は下記の通りだ。

ビタミンC:200-249g/日
食物繊維:250-299g/日
カリウム:300-349g/日

分かりにくいのは、これは野菜350gだけで一日に必要な3栄養素がとれると言っているわけではなく、他の食事に加えて野菜350gを取ることで、必要量が満たせると言っていることだ。従って、野菜に各栄養素がどの程度含まれるかのデータは別に取ってこなくてはならない。

一方、バナナ一本に含まれる3栄養素の量は下記のサイトに書かれている。

栄養成分比較表|バナナの栄養素|バナナのおいしい食べ方|バナナはスミフル

カリウム 360mg
食物繊維 1.1g
ビタミンC 16mg

つまり、この量が野菜に換算するとどの程度の量なのか調べればよいわけだ。

 

1.カリウム

野菜を一日350g食べよう! | 今月のトピックス | 公益財団法人 日本心臓財団

上記のサイトによると、「野菜には100グラム当たり、200~400㎎のカリウムが含まれます。」とある。
間を取って300mgとすると、100:300=x:360 x=120
バナナ1本は120gの野菜に相当することが分かる。つまり、バナナを1本食べればカリウムに関しては野菜は230g食べるだけで良いと言える。(350g-120g)

 

2.食物繊維

http://www.city.ogori.fukuoka.jp/files/3413/5052/9292/24-2ei.pdf

上記のサイトによると「野菜350gで食物繊維の目標量のおよそ半分(8~10g)摂ることができます。」とある。
同様に350gで9gだとすると、350:9=x:1.1 x=42
バナナ1本は42gの野菜に相当することが分かる。食物繊維に関しては野菜は300g採れば十分である。つまり、バナナを1本食べれば食物繊維に関しては野菜は258g食べるだけで良いことになる。

 

3.ビタミンC
ビタミンCは野菜250gを採れば十分である。258gより少ないので、バナナの寄与について計算する必要はない。

1~3の中で最も多い258gが必要量となる。

結論
野菜350gは野菜258gとバナナ1本で代替できる。

 

君は野菜350gの理由を説明できるか? - おまきざるの自由研究 から孫引きすると、日本人の野菜の平均摂取量は282g。つまり、バナナ1本を食べれば野菜を全く食べなくてよいわけではないが、平均的に野菜を採っている人は、毎日バナナ1本を食べるだけで3栄養素の目標値をクリアすることができるということだ。

ネギさんが言われていたことは正しかったのだ。おみそれしました。


色んな所からデータをつまみ食いしているので、間違っているかもしれない。間違いがあったらブコメでご指摘下さい。

恥辱に塗れた話

 はしご定期券をご存知だろうか。9月15日から10月23日まで吉野家はなまるうどんでそれぞれ80円引きと天ぷら一品無料になるカードで、300円で販売されている。天ぷらが100円としても2回ずつ来店すれば元が取れる計算だ。
 私は販売開始間もなく吉野家で購入し、9月15日を待っていた。ところが、9月15日頃から出張が入ってしまい、なかなか使えずにいた。ようやく出張から戻ってきたのは9月の終わり頃だ。

 私は早速カードを使おうと、丸亀製麺に行き、ぶっかけうどんの並を注文。いつもなら玉子のトッピングで済ます所を、ここぞとばかり二番目に高いかしわ天を取ってレジに向かい、「これ、使えますか? 」とカードを提示した所、店員に「それははなまるうどんで使えるカードですね。」と告げられた。

 ぐわあああああああ! 穴があったら入りたいとはこのことだ!

 私は430円を払い、ネギと水を取ると逃げるように一番奥の席に向かった。すっかりはなまるうどん丸亀製麺がごっちゃになっていた。はなまるうどんは駅から相当歩いた所にしかないので、吉野家はなまるうどんだったらそもそもこんなカードは買わなかった。私は絶叫しながら頭を壁に打ち付け、血まみれになりたい気分になったが、そんなことをしたら更にみっともない上に騒動になるので堪え、軽く頭を壁にぶつけるに止めた。たが、そんな程度では内罰感情はまるで満たされず、内面の大いなる恥辱と外面の平静さの著しい不均衡に腸が煮えくり返る思いだった。

 そこで思ったのが、侍が切腹するなどという異常なことを始めたのは、外面の状態を内面の恥辱的状態に近づけることで内罰感情を満たすためだったのではないかということだ。もちろん、嫌々腹を切った侍も多いのだろうが、自ら腹を切った侍の中には、このような恥辱を味わったからには自らを罰しなくては気が済まないと思って腹をかっさばいた者もいたのではないか。

 幸い、私は侍ではないので命を永らえることができた。恥辱を埋め合わせるため、アホみたいに吉野家の牛丼を食いまくってやる所存だ。

 

enjoy-yoshinoya.com



乗り物天国ルスツリゾート

  少し前に北海道の留寿都村に行った。留寿都村は札幌から南西に車で一時間半くらいの場所にあり、リゾート地として有名である。冬はスキー、夏はゴルフやテニスができ、大きなホテルや遊園地が建っている。
 そんな高級リゾートで私が何をしていたかと言うと、森で虻に追い回されていた。少しでもリゾートのおこぼれに預かろうと、目を皿のようにしてルスツリゾートの敷地内を観察していた所、あることを発見した。ルスツリゾートはやたら乗り物が充実しているのだ。

 まず、ホテル間を無人運航のモノレールが結んでいる。

f:id:shinonomen:20170922160544j:plain

  リゾートの敷地内にはグラスゴートレインを始め、三種の鉄道が運行されている。

f:id:shinonomen:20170922160616j:plain

  スキー場なので冬場は当然ゴンドラやリフトに乗ることができる。
 遊園地にはジェットコースターやフリーフォールなどの乗り物があるし、ゴーカートや馬、熱気球などにも乗ることができるのだ。

  しかしながら、これらの乗り物に乗ることができるのは、ルスツリゾートのチケットを買った者のみ。一番安い、17時以降入場できるナイター券でも2500円する。モノレールに乗るだけでも2500円も取られるのだ。

 グーグルマップから概算したモノレールの路線距離は550m。グラスゴートレインが700mである。他の鉄道は距離が短く、遊園地の乗り物は乗る場所と降りる場所が同じだろうから路線距離は0mとすると、ルスツリゾートの鉄道の営業キロあたり運賃は2000円となる。

 「日本国内で初乗り料金の高い鉄道線!」という記事によると、初乗り運賃が日本一高いのは立山黒部アルペンルート関電トンネルトロリーバスの1540円で、路線距離6.1kmとのことだ。ルスツリゾートの鉄道は運賃はより高く距離はより短い。
 遊園地に隣接するモノレールという共通点を持ち、比較対象として適切なディズニーリゾートラインは路線距離5.0kmで260円なので、乗り物だけ乗りたい人にとってルスツリゾートの鉄道は、ディズニーリゾートラインの10倍、距離当たりでは38倍も高いことになる。

 もちろん、ルスツリゾートのチケットは乗り物以外のアトラクションがメインなことは分かっている。ディズニーリゾートのアフター6パスポートは4200円なので、遊園地としての料金はルスツリゾートの方が安い。だが、この料金体系では、遊園地などどうでも良い鉄道ファンを取り込めないと言いたいのだ。

 日本のモノレール - Wikipediaを見てもルスツリゾートのモノレールは載っていない。ルスツリゾートのウェブページにも路線距離や形式といった基本的な情報が書かれていない。鉄道ファン向けにアピールしていないのではないか。

 ルスツリゾートは500円くらいでモノレールと三種の鉄道に乗れるチケットを売り出せば、札幌に来た鉄道マニアが足を延ばして乗りに来るのではあるまいか。

 

rusutsu.co.jp

何故けものフレンズは人気なのにリベラルは叩かれるのか

 テレビ東京系で『けものフレンズ』(たつき監督)が再放送された。私も冒頭だけ見てから出社し、帰ってきてから録画を見て癒やされていた。ほんと、幸せな気分になるアニメだよね。

 けものフレンズのメッセージはオープニングテーマの「けものはいてものけものはいない」「姿かたちも十人十色 だから魅かれ合うの」というフレーズに象徴されている。各エピソードでは「バスを川向うに渡せない」「山頂のカフェに客が来ない」「能力が偏っているため住処を完成させられない」といった難題が登場するが、異なった個性のフレンズ達が協力して解決に導く。フレンズ達は違いを理由に疎外されることはなく、むしろ違いがあることが問題解決上有益であることが繰り返し示される。違いを尊重しようというのはリベラリズムの中心命題。ジャパリパークはリベラルにとっての理想郷なのだ。

 リベラルオタクの私にとっては困惑するのだが、インターネット上ではしばしばリベラルはオタクの敵だという主張がなされる。だが、けものフレンズはオタクの敵だなどという奴はいない。むしろ大人気だ。リベラルは偽善的だと批判されるが、けものフレンズが偽善的だと批判する人は見たことがない。中心命題は同じなのに、何故こんな違いが生じているのだろうか。原因として二つの違いが挙げられる。

 

違い1 フレンズは「君をもっと知りたいな」と思っている。リベラルは他者を理解しようという意思が薄い。
 「ようこそジャパリパーク」の歌詞で重要なのが、「君をもっと知りたいな」と言っている点だ。同質的な集団なら、放っておいてもトラブルは少ないが、十人十色な集団では、相互理解に努めないとすぐトラブルになってしまう。サーバルちゃんを筆頭に、フレンズ達は積極的に相手の美点を発見し、「すごいねー」と称えることで相互理解に努めている。

 一方、リベラリストは自分たちとは異なっている対立陣営を理解しようとする意思が薄い。インターネットの書き込みを見ると、リベラリスト保守主義者を「すごいねー」と褒め称えていることは稀で、たいていは舌鋒鋭く批判している。また、アメリカ大統領選でヒラリー・クリントン氏が敗北した原因も、クリントン氏達がラストベルトの白人労働者達を理解しようとする意志が薄かったため、労働者達が疎外感を募らせてしまったからだと言われている。
 もちろん、それはお互い様ではあるのだが、違いを認め合うことを旗印とするリベラル陣営こそ、率先して保守主義者を理解しようとするべきだ。私自身、他人に対する興味が薄いので、書いていて自分で耳が痛い。

 

違い2 けものフレンズの世界では敵が明確。現実は敵があいまい。
 理想郷のようなジャパリパークにも敵は存在している。セルリアンだ。
 普段はマイペースなフレンズ達も、セルリアンに対しては一致団結して戦った。ジャパリパークでは敵が明確なのだ。セルリアンは無機的存在で誰も感情移入して見ていないから問題が顕在化していないが、セルリアンから見れば全てのフレンズから敵認定されているわけで、相当辛い状況だ。フレンズにとってはユートピアでもセルリアンから見ればデストピアなのだ。

 多様性を認めない存在を野放しにしていた結果がホロコースト。多様性を尊重すると言っても、多様性を害する敵とは戦わねばならない。問題はどこまでが「多様性を害する敵」なのかだ?
 ナチスのように深刻な被害をもたらすものから、悪意のない文化の盗用(欧米人が和服を着て写真を撮るといったこと)のように実害が少ないものまで、リベラルが指摘する問題には濃淡がある。どこまでが許され、どこからは許されないかは人によって違う。その違いをめぐって争いになる。
 だが、敵があいまいなのはむしろ良いことなのだ。
 全体主義国家は違いを認めなかったから異論によるブレーキが働かずに暴走してしまった。何が敵なのか一致できないのはスッキリしないが、敵だと思うものが人それぞれ違うことが社会の安全弁になっている。そのためには、スッキリしないことを受けれいなくてはならないのだ。

 

 

自らの人生を選び取っているか?――おんな城主直虎第33回 嫌われ政次の一生感想

 (本稿は「おんな城主直虎第33回 嫌われ政次の一生」のあからさまなネタバレを含みます。)

 おんな城主直虎第33回で直虎が政次を自ら刺し殺したのには驚愕した。実家に帰省して家族で見ていたのだが、終わるまで誰一人口を開くことができなかった。
 直虎の政次殺しには重層的な意味が込められている。それを5つの観点から読み解きたい。

1キリスト
 罪を背負って磔刑になるということでまず思いつくのはキリストだ。キリストは人類を救うために犠牲になるが、政次は井伊家を守るために犠牲になる。神の元では皆平等な西洋社会と家という中間共同体に尽くす日本社会の違いが現れているとも言える。
 政次が死によって購った罪とは何なのか。直接的には近藤の罪の犠牲になった訳だが、より大きな意味があるように思う。近藤は政次に「お主はとうにわしを騙したことなど忘れておろうのう」と指摘し、政次は実際忘れている。また奪い合うのは「世の習いじゃ」と言う。そう考えると政次が購ったのは人が誰しも知らず知らずのうちに犯してしまう原罪のようなものなのではないだろうか。

2親殺し
 直虎と政次の関係は何だろうか。恋人ではないし、普通の親友でもない。政次は直虎をずっと守ってきた。そう考えると、二人の関係は友であると同時に兄妹であり、親子であった。
 政次の庇護を受けている限り、直虎は領主として独り立ちすることができない。直虎は「守ってくれなどと頼んだことは一度もない」と苛立っていた。直虎は親殺しをすることで、自らが一人前の領主であることを示したのだ。

3師匠超え
 井伊家を守るため、時に非情な決断をし、直虎を導いてきた南渓和尚。だが、今回南渓和尚は「政次が死ねばあれは死んでしまうからなあ。翼が一つでは鳥は飛べぬ」と二人を逃がす策を提示する。だが、直虎は政次を刺し殺して政次なしでも飛べることを示した。師匠の予想を超えたのだ。

4承認
 政次は「忌み嫌われ井伊の仇となる。おそらく私はこのために生まれてきた」と語る。そして「わっかんねえなあ」と苛立つ龍雲丸に「分からずとも良い」と答える。
 政次は誰からも理解されなくても良いと思っていたのか。そんなことはあるまい。政次は皆に理解されなくても直虎は分かってくれるのではないかと期待していたから碁石を託した。それに対し直虎は槍で刺し殺すことで分かったという回答を返した。だから政次は演技の嘲りの笑みを浮かべる前に、一瞬だけ本当の笑みを浮かべたのだ。
 ちなみに、視聴者が直虎の政次殺しに軒並み驚愕したということは、作中のほとんどの登場人物だけでなく、ほとんどの視聴者も政次を真に理解できていなかったということを表している。メタ的にすら誰も理解できないのに直虎だけは理解できた。二人の特別な関係が際立つ巧みな筋書きだ。

個人主義
 『おんな城主直虎』は現代的視点から戦国時代を再解釈したドラマだ。中でも龍雲丸は極めて現代的価値観を持っており、侍達の戦国的価値観を問い直す存在だ。
 何が本懐だと怒る直虎に、龍雲丸はこう言い聞かせる。
「小野の家に生まれたことで振り回されたかも知れねえ。辛い目にあったかも知れねえ。けどそんなもん、その気になりゃ放り出すことだってできた。そうしなかったのはあの人がそれを選んだからだ。あんたを守ることを選んだのはあの人だ。だから本懐だって言うんでさあ」
 戦国時代のような個人の自由が極めて制限されていた時代でも、直虎や政次は自らの人生を自分で選び取った。それに比して、何でもできるはずの現代で、あなたは本当に自らの人生を自分で選び取っているのか? 作者はそう問いかけているのではないだろうか。


 

 

大抵のことはアブよりはまし

 北海道出張では何日か森のなかで作業をした。北海道の森で最も恐ろしいのは熊である。熊よけ鈴にスピーカー、爆竹など万全の装備をして森に入ったが、幸い遭遇することはなかった。だが最もうざい奴に追い回された。アブである。
 アブは体長2~3センチ。ブオオオオオオというけたたましい羽音を響かせて人に近づいてきては執念深く付きまとってくる。アブが飛んでいる隙に素早く移動して撒いてやったと思っても、何故かじきに追いすがって来る。温度なのか嗅覚なのか知らないが、とにかく恐るべきしつこさである。私は長袖長ズボン長靴軍手に防虫ネットというフル装備で固めているので、まとわりついてきても全くの無駄。私は不快でアブは疲れるだけというlose-lose関係にも関わらず、それを理解できない奴らは服や防虫ネットの上を歩き回っては飛ぶを繰り返している。

 森の中に人が入ってくることなど稀で、他の野生動物の姿も見なかった。にも関わらずあんな猛烈に羽を震わせてエネルギーを消費していたら、すぐエネルギー切れで死んでしまうのではないか。そう思っていたが、後日ラジオで生物学者の本川達雄氏の解説を聞いて得心した。何でも、昆虫の羽ばたきは鐘のような共鳴の原理を利用していて、最初に一回羽ばたくだけでしばらく羽ばたき続けることができるのだという。何という効率的なうざさだ!

 中でも大変だったのが最終日だ。荷物が増えるのが嫌で、防虫ネットを置いてきたため、頭部をむき出しの状態で森に入った所をアブに襲われたのだ。奴は払っても払っても追いすがってくる。あまりに羽ばたきが煩いので、もうとまっていてくれた方がましかと、とまったのを放置していたら、頭を刺された。一度刺すと、今までのように軽く払ったくらいでは飛び立たない。直接アブを押すような感じでようやく引き剥がすことができた。感染症の恐れもあるし最悪である。

 今まで私はゴキブリを最悪な虫だと思っていたが、奴らは人に遭遇すると逃げていく。蜂は恐ろしいが、こちらから攻撃しなければ刺してこない。だが、アブは人間を刺すべく、向こうから近づいてくるのだ。
 何か悩みがある人は一度森に入ってアブに付きまとわれてみると良い。大抵のことはアブよりはましだと思えることだろう。