東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

神様になった日感想――下らない一瞬の価値

(本稿は『神様になった日』のネタバレを含みます。)
『神様になった日』(原作・脚本:麻枝准、監督:浅井義之、アニメーション制作:P.A.WORKS)は平凡な高校生成神陽太の元に、全知の神を名乗る少女佐藤ひなが現れ、「30日後に世界は終わる」と告げたことで巻き起こる騒動を描いたアニメだ。

kamisama-day.jp

私は偉そうな幼女が大好きなのでひなの可愛さには心を撃ち抜かれた。ひなの場合は本当に全知なのだが、普通の子供も無根拠な全能感を持っている。私も子供の頃はマサチューセッツ工科大学に入学するとか言ってたもんなあ。偉そうなひなを見ていると幸せな気分になるのは、子供の頃の全能感を思い出すからかもしれない。

ひなは全知の能力を持っているのに、その能力をひたすら下らないことにしか使わない。
テンポの良い演出で話が斜め上の方向に暴走するので、笑いながら観ていたのだが、最後まで見ると、一夏の体験にこそひなにとってかけがえの無い価値があったことが分かる。
本作は一夏の話なので劇的だが、30日だろうが100年だろうが、命が限られているという点では変わりない。本作が突きつけているのは限られた命をどのように使うかという命題だ。

私は死後残るものにこそ価値があると考えているのでせっせと文章を書いているのだが、死後にはてなブログが閉鎖されたら、書いた文章は全て消えてしまう。すごい芸術作品を作れば永く残るかもしれないが、それだって人類が絶滅したら誰にも省みられない。
つまり、死後残るものを作っても問題の先送りにすぎないわけで、下らないことをして笑っている一瞬の価値を認めなければ、人類全ての活動に意味がないということになってしまうのではないか。

(以下、終盤のネタバレを含みます。)
終盤、陽太はひなを引き取るべく施設を訪れるのだが、対比的に登場したひなを捨てた実の父が物語に深みを与えている。
陽太は仲間が沢山いるから奪還に行けた。孤独だったら、一人でずっと世話をしないといけないのだから、引き取るのは諦めるしかなかっただろう。
陽太に仲間が沢山いるのは、陽太が仲間と下らないことをして笑い合っている一瞬の価値を認めているからだ。下らない一瞬の価値を認めるかどうかが人生の全てを分けるのだ。