東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

横手やきそばレビュー

 11月に出張で秋田県横手市に長期滞在していた。横手市かまくらとやきそばが全国的に有名だ。
 横手やきそばと言えば目玉焼きが乗ったやきそばというイメージだが、最大の特徴はスープがかかってしゃばしゃばしていること。汁っぽいやきそばに半熟の目玉焼きを絡め、ジュルジュル食べるのが美味いのだ。
 毎年、横手やきそば四天王決定戦という頂上決戦が行われ、その年の四天王と推奨店が選定される。四天王を中心に名店をはしごして来たのでレビューを記す。

 

北海屋 プルコギやきそば850円 2019年四天王 過去2度四天王

f:id:shinonomen:20200130125817j:plain

f:id:shinonomen:20200130125820j:plain

昭和の香りのする居酒屋。
甘辛いソースに焼き肉の旨みが合わさって、甘いは美味いという感じ。焼き肉、プルコギ、福神漬け、セロリ?が添えられていて、アクセントが楽しめる。

出端屋 横手黒毛和牛やきそば 900円 2019年四天王 過去8度四天王

f:id:shinonomen:20200130125824j:plain

f:id:shinonomen:20200130125829j:plain

座敷中心の居酒屋。私が行った時はカウンターの1席を残して満席で、全員が酒を飲んでいた。
横手黒毛和牛やきそばは黒毛和牛の焼き肉と卵がからまってすき焼きのような美味さ。黒毛和牛なんか入れたら美味いに決まっている。他店より福神漬けの主張が強い印象。

 

つばくら食堂 肉玉やきそば 580円

f:id:shinonomen:20200130125832j:plain

f:id:shinonomen:20200130125836j:plain

十文字にある昔ながらの食堂。
オーソドックスな横手やきそば。他の店より麺が柔らかい。

ステーキハウススフィーダ 牛そぼろやきそば(並)825円 2019年四天王 過去3度四天王

f:id:shinonomen:20200130125840j:plain

f:id:shinonomen:20200130125844j:plain

ログハウス風の店。メニューが出てくる間、自分でサラダとスープを取ってきて食べながら待つスタイルで、ベジタブルファーストで体に良い。サラダにはゴマとユズソースがかけられるが、特にユズが美味。
牛そぼろやきそばはジュウジュウいっている鉄板に乗って出てくる。並でも1.5人前あり、牛そぼろもどっさり乗っていてすごいボリュームである。ガーリックチップが効きすぎている感じがするが、元気もりもりになる。

らーめんへのかっぱ 横手やきそば 550円 2019年推奨店

f:id:shinonomen:20200130125848j:plain

f:id:shinonomen:20200130125853j:plain

店主が一人でやっている横手駅近くのラーメン屋。
キャベツやもやしがたっぷり入っているのが特徴。汁っぽさが少なく、食べた中では最も普通のやきそば寄り。

食い道楽本店 牛バラやきそば 880円 2019年推奨店 過去9度四天王

f:id:shinonomen:20200130125856j:plain

f:id:shinonomen:20200130125859j:plain

横手やきそばを代表する有名店で三階建てのビルを構え、壁には芸能人のサインがびっしり飾られている。
2012年~2018年まで7年連続四天王を受賞した牛バラやきそばは横長の大皿の2/3に横手やきそばが、その脇に牛バラとサラダが添えられたボリュームたっぷりの一品。やきそばをご飯と考えれば定食のようなメニューで、濃厚な牛バラとサラダで味の変化を楽しめる。
やきそばは食べた中で最もソースがだくだくで、ジュルジュルした食感を味わえる。一店だけ行くならここだろう。


四天王の残りの一店、藤春食堂は仕事中の昼しか営業していないため、行けなかった。今度行く機会があったら必ず訪れて追記したい。