東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

東京ラーメンストリート全店レビュー

東京ラーメンストリートは東京駅の地下にあるラーメン屋街だ。8軒の異なった種類のラーメン屋が集まっており、東京のラーメンのショーケースになっている。

f:id:shinonomen:20200811154838j:plain


東京駅で食事する機会は年に数回ぐらいなので、なかなか全店分のレビューが集まらない。コツコツ書き溜めている途中にまだ食べていなかった東京タンメン トナリと仙台牛タンねぎ塩ラーメン 㐂蔵が閉店し、新たにらーめん玉とつじ田 味噌の章がオープンした。
日記から引っ張り出してきて貼り付けたのでテンションが統一されておらず、一部の店だけやたら細かく描写しているが、統一すると情報量が減ってしまうのであえてそのまま残した。三年前のレビューも混ざっているので味が変わっているかも知れないが、ご容赦頂きたい。

東京駅 斑鳩
濃厚らー麺 850円

f:id:shinonomen:20200811154058j:plain

f:id:shinonomen:20200811154109j:plain

市ヶ谷にある魚介とんこつラーメン初の支店。魚粉の混じった濃厚なスープに、大きなメンマが目を引く。スープに煮干ラーメン特有の苦味がある。私は苦くない方が好き。
以前食べた濃厚じゃない方のラーメンはかなり美味かった記憶があるのだが、数年前でディティールを覚えていないのでレビューが書けない。

東京の中華そば ちよがみ
油そば 770円

f:id:shinonomen:20200811154148j:plain

f:id:shinonomen:20200811154200j:plain

斑鳩の系列店。ザ・かつお出汁の旨味!というスープに細くてしっかりした麺、控えめな油分ということで、ラーメンというより蕎麦を食べているような気分。さっぱりしたのが好きな人には良いだろう。

 

つじ田 味噌の章
味噌ラーメン 870円

f:id:shinonomen:20200811154318j:plain

f:id:shinonomen:20200811154340j:plain


つけ麺「つじ田」の味噌ラーメン専門店。ベージュ色のスープは塩分控えめで甘みが強い優しい味。黄色くてコシが強い麺を始め、細切れチャーシューが入っているなど、こだわりが強い。
苦辛い刻みタマネギが味を損ねている。私は刻みタマネギによって美味くなっているラーメンを食べたことがないのだが、時折見るので好きな人は好きなのであろう。

 

俺式純
豚骨らーめん 780円

f:id:shinonomen:20200811154521j:plain

f:id:shinonomen:20200811154536j:plain

東京風豚骨ラーメン。とんこつラーメンと言うと、店の外までとんこつ臭が満ちているものだが、とんこつラーメン俺式純は臭みを抑えてマイルドに仕上げている。臭いのが良いのに、と思うがこれはこれで美味い。具や麺などはオーソドックス。焼き魚のような食感のチャーシューが美味。

 

ひるがお 東京駅店
塩玉ラーメン 850円

f:id:shinonomen:20200811154622j:plain

世田谷にある塩ラーメンの名店。深く大きな丼の手前にスライスされた煮玉子が並び、中央に盛りつけられた刻みネギの上に謎の粉がかかっている。
レンゲをスープに入れた私はおっと声を漏らした。スープの表面に膜が張っているのだ。一さじすくって口に運ぶ。鳥の旨味に海藻の爽やかさが絶妙なアクセントになっていて、実に美味い。私はあまり塩ラーメンを好きではないのだが、これは塩ラーメンというお題に対する模範解答とでも言うべき塩味の活かし方だ。濃厚なのに軽やかで、最後まで胃にもたれない。そしてチャーシューが旨味たっぷりですこぶる美味い。思わず汁を全て飲み干してしまった。

 

六厘舎
つけ麺 830円

f:id:shinonomen:20200811154012j:plain

f:id:shinonomen:20200811154653j:plain

豚骨魚介スープというつけ麺のスタンダードを確立した超有名店。指輪物語を今読むと見慣れたモチーフだらけであるように、六厘舎のつけ麺も食べ慣れた味に感じてしまうのは否めない。だが、麺のもちゃもちゃした噛みごたえや、麺に絡みついたスープのしずる感には一日の長がある。ラーメン好きなら一度は食べておくべきだ。
以前はピーク時には一時間待ちの行列ができており、一時間も待つぐらいなら系列店の舎鈴に行った方が良かったが、コロナ禍の今はそれほど待たずに入れるので狙い目である。

ソラノイロ・NIPPON 
特製ベジソバ 1080円

f:id:shinonomen:20200811154715j:plain

f:id:shinonomen:20200811154726j:plain

ミシュランガイドにも載っているという野菜ラーメンの店。
キャベツ、人参、トマト、れんこんなどがどっさり載っており、麺もスープもオレンジ色だ。
スープを口に運ぶ。何という優しい甘さ。「ごてごてした脂などなくても、野菜そのものの甘みだけで十分美味いのじゃよ」と諭してくる老師みたいなラーメンだ。
私はこってりしたのが好きなので、煮玉子しか動物性タンパクがない具はやや物足りないと思っていたのだが、後半になって野菜の旨味がさらに溶け込んだスープは絶品で、高いだけのことはあると感心した。

 

東京煮干し らーめん玉
とろりそば 860円

f:id:shinonomen:20200811154754j:plain

f:id:shinonomen:20200811154806j:plain

煮干しラーメン専門店。とろりそばとさらりそばがあるが、多くの人がとろりそばを頼む。天下一品に行ったらこってりを頼むようなものだ。
前記の通り、私は煮干しラーメンの苦味が苦手なのだが、らーめん玉のとろりそばは全然苦くなく旨味だけを抽出していて脱帽した。細麺との相性も良い。
普通の魚介系ラーメンは魚の出汁が入っているのに対し、これは魚粉が入っているため、より濃厚な魚の旨味が味わえる。スープに魚粉を入れたら沈みそうなものだが、スープと比重が同じなのか、漂った状態をキープしている。上手いことを考えたものだ。


一番のお勧めはらーめん玉。ざっくり言うと東京駅から遠い方が美味い傾向にあるが、ラーメンの種類が全然違うので、素直に好きな種類のラーメンを食べるのが良いだろう。

東京駅の八重洲口地下にラーメンストリートがあるのに対し、丸の内口近くのKITTEにはラーメン激戦区があり、とみ田の支店「松戸富田麺絆」などの名店が集まっている。ラーメン好きには夢の様な場所だ。

 www.tokyoeki-1bangai.co.jp