読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

神田カレーグランプリ2016感想

 11月5,6日に神田の小川広場で開かれた神田カレーグランプリグランプリ決定戦に行ってきた。6日の13時過ぎについた時はラッシュ時の駅のホーム並みの大混雑で、ゆっくりしか前に進めないような状態だった。

f:id:shinonomen:20161108182456j:plain

 カレーグランプリは事前の予選期間の投票での上位20店が会場のテントでカレーを販売。カレーを一皿購入する毎に一枚もらえる投票券を、投票所の気に入ったカレー店の箱に投票する仕組みだ。そこで、各店色々と戦略を練って望んでいた。

 まず最初に食べた「とろ肉 魚とん」は一皿の量を絞り、300円という低価格で勝負していた。私がまず魚とんの「とろ肉ライスカレー」を食べたのは安かったからなので、この戦略は有効だったと言えよう。

f:id:shinonomen:20161108182525j:plain

 

 次に食べた「100時間カレーB&R 神田店」は提供スピードで勝負していた。大勢の店員を揃え、注文前にカレーを盛り付けることで、四種類もカレーがあるにも関わらず、他店より素早くカレーを提供していた。流石一昨年の覇者だけあって、戦い慣れている。

f:id:shinonomen:20161108182552j:plain

 

 一方、三番目に食べた「アジアンダイニング シディーク 神保町店」は満腹戦術という全く別のアプローチで攻めていた。二種類のカレーに加え、ご飯の上に大きなナンが乗っており、ボリュームたっぷりなのだ。もし最初にシディークのカレーを食べていたら、これだけ食べて帰っていたことだろう。そうなれば、必然的にその人はシディークに投票することになる。何という巧妙な作戦! いや、単にサービス精神が旺盛なので量が多いだけかも知れないが。

f:id:shinonomen:20161108182610j:plain

 

 「とろ肉ライスカレー」はスプーンで切れるとろ肉が素晴らしく、100時間カレーの「チキンカツカレー」はルーの旨味が超濃厚。シディークの「2カレーセット」は変わり種のグリーンカレーとクリーミーなカレーの二種類が味わえてお得だった。
 どれも美味しかったので、私は食べた三店に一枚ずつ投票した。本当にどのカレーが美味しいか審査するのなら、格子仕切りの皿に一口ずつ20店のカレーが載っているセットを販売して食べ比べる方式にした方が良いんじゃないかと思うが、手間がかかるので現実的ではないんだろうな。


追記:グランプリは「100時間カレーB&R 神田店」が獲得したとのこと。おめでとうございます。

kanda-curry.com