東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

初めてチキンラーメンを作った

 休日の昼間は主に袋麺を食べている。良く食べるのは「AKAGI醤油ラーメン」と「Big-Aとんこつラーメン」。理由は安いからだ。近所のスーパーBig-ABig-Aとんこつラーメンは税込み200円、AKAGI醤油ラーメンに至っては158円である。一食当たり32円。安い! しかし先日、Big-Aで「チキンラーメン」を安売りしていた。安売りと言っても300円超。AKAGI醤油ラーメンよりは断然高い。しかしチキンラーメンと言えば世界初の即席麺。私はベビースターは食べたことはあるがチキンラーメンを食べたことがない。どんなものか興味があり購入することにした。

 小型鍋で湯を沸かし、チキンラーメンの袋を取り出す。ゆで時間を見ると1分と書いてある。1分! AKAGIラーメンもBig-Aラーメンも出前一丁サッポロ一番もゆで時間は3分である。それなのに1分! ガンダムの赤い人みたいだ。
 麺を湯に入れる。お湯の高さが足りず、上の方が湯に浸っていない。どうしようと焦っているとお湯が見る見るこげ茶色になって行く。何じゃこりゃあと思っている内に三十秒程が経ってしまった。慌てて麺の窪みに卵を割り入れる。残りゆで時間は十秒。急いで麺を崩し、乾いている部分を湯に沈めると1分が経過した。火を止める。上の部分は固いままなんじゃないかと見ていると、麺がものすごい勢いで柔らかくなっていく。それから冷蔵庫からもやし炒めを取ってきて載せたり箸とスプーンを用意したり居間に鍋を運んだり飲み物を用意したりしている内に3分以上経過し、食べる頃には麺がでろでろに伸びていた。以前この記事を読んで調理が難しいらしいとは聞いていたがこれほどとは思わなかった。何という忙しなさ。行動がとろい私の手に負える麺ではなかった。

 しかしながら、幸いな事に私は味音痴なので、麺がでろでろに伸びていてもそれほど気にせず食べることが出来た。もし前述の同居人のチキンラーメンに絶望していた人に私が作ったチキンラーメンを出したら、激怒したことだろう。
 逆に言うと、私は細かいことが気にならない鈍感な人間なので、それに行動が最適化され、諸事が適当になっているのであろう。人間誰しも最も長く接しているのは自分なので、自分に合わせて行動が最適化されている。そのため、自分一人でいる時は大きな問題は起きない。トラブルの大半は他者と接する時に起きるのではないだろうか。まあその食い違いが面白い所でもあるのだが。 

 

 

日清 チキンラーメン 5食パック