東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

赤城山は荒々しい

 9月に出張で群馬県赤城山に行ってきた。麓では猛暑が続いていたが、山の上では雨が降ると寒いぐらいだった。

f:id:shinonomen:20191107172254j:plain

 赤城大沼。連休明けで紅葉シーズンもまだなので、全然観光客がいなかった。
 

f:id:shinonomen:20191107172311j:plain

f:id:shinonomen:20191107172322j:plain

 赤城神社。大沼に橋がかかっている。

 

f:id:shinonomen:20191107172341j:plain

 富士見温泉見晴らしの湯 ふれあい館の特選上州赤城かつ丼800円。食べごたえがあって美味しい。

 

f:id:shinonomen:20191107172408j:plain

 三途の川とふれあいの道。ふれあいたくなければ三途の川に行くしかないらしい。

 

f:id:shinonomen:20191107172428j:plain

 岩が崩れた跡

 

f:id:shinonomen:20191107172448j:plain

 赤城山山頂の赤城公園

 

f:id:shinonomen:20191107172506j:plain

 赤城山頂駅。元々赤城山鋼索鉄道の山頂駅だったが、今は食堂と土産物屋になっている。

 

f:id:shinonomen:20191107172524j:plain

 赤城山鋼索鉄道の説明図。赤城山鋼索鉄道は赤城登山鉄道とも言い、1957年から1968年のわずか10年間で廃止されてしまった幻のケーブルカーなのだ。

 

f:id:shinonomen:20191107172546j:plain

 線路跡。

 

f:id:shinonomen:20191107172606j:plain

 山小屋カレー~ジャガバター入り~890円。バターなんか入れたら美味いに決っている。

 

f:id:shinonomen:20191107172624j:plain

 駅舎跡。長年風雨にさらされていい味を出している。

 

f:id:shinonomen:20191107172640j:plain

 山頂からの雲海。

 

f:id:shinonomen:20191107172657j:plain

 鹿。私に俊敏性があればもっとマシな写真が撮れたのに!

 

f:id:shinonomen:20191107172712j:plain

 双葉食堂のホルモン焼き。胃や心臓は食べやすいが、小腸や大腸はゴムっぽかった。

 

 赤城山は崩れた岩がむき出しになっていたり、強風が吹きすさんでいたり、天気が急変して土砂降りになったり、三途の川があったりと荒々しかった。かかあ天下とからっ風と言うが、こういう荒々しい所で暮らしていれば、性格にも影響を受けるに違いない。

 

f:id:shinonomen:20191107173032j:plain

 宿に貼ってあった小倉唯さんのみどり市観光ポスター。小倉唯さんは赤城山の麓に位置するみどり市出身だが、赤城山で感じた荒々しい自然から受ける印象とは真逆だ。環境は性格とは関係ないのかも知れない。