東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)のよろず評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

新発田の観光地めぐり

出張で新潟県新発田市に滞在していた。仕事が早く終わった日に観光地を巡ってきたので写真をアップする。

 

1)諏訪神社

648年創建の歴史ある神社。新発田の総鎮守とされる。
入口には電子パネルが設置されており、神社に関する情報を読むことができる。

 

2)清水園・足軽屋敷

国指定名勝の清水園(下屋敷大名庭園)と重要文化財足軽屋敷。
入場料700円。外から見ただけで帰ってきたので詳細は不明。

 

3)新発田城

初代新発田藩溝口秀勝が築城した城。廃藩後に大部分が取り壊されたが、表門と旧二の丸隅櫓、本丸石垣などが残っている。
入場無料。見学対象が辰巳櫓、表門、旧二の丸隅櫓しかないので、見学には30分もかからない。

新発田城の敷地の大部分は陸上自衛隊が駐屯している。そのため、辰巳櫓から見下ろすと、塀の向こうに自衛隊基地が見える。
基地内が隅々まで見渡せるのだが、写真を載せても大丈夫だろうか。

新発田は吉良邸討ち入りや高田馬場の決闘で有名な堀部安兵衛の出身地だ。
堀部安兵衛の父は辰巳櫓の管理責任者だったが、櫓の失火の責任を負って浪人となり、安兵衛は家名再興のために江戸に出たのだという。
城の前には堀部安兵衛像が立っている。櫓の管理人として無名のまま平穏な生涯を送るのとどちらが幸せだろうか。

 

4)本田屋

新発田駅の近くにある人気の食堂。
名物のシュウマイと餃子は五個入り580円(10月値上げ予定)。ビッグサイズで一皿で満腹になる。頼めば三個390円にしてくれる。
シュウマイは肉がぎっちり詰まっており、脂分がたっぷり入っている。餃子は野菜中心でニラが効いている。