東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

カレーラーメンの組み合わせを検証した。

以前、袋麺にレトルトカレーを入れて食べると美味いという記事を書いた。

shinonomen.hatenablog.com


その時は豚骨ラーメン+蕎麦屋のカレーという組み合わせだったが、もっと美味しい組み合わせがあるかも知れない。

そこで、最も合うカレーラーメンの組み合わせは何か検証してみた。
ちなみに、以前の記事ではお湯が沸騰してからちぎったキャベツを投入していたが、水の段階で入れてから煮た方が柔らかくて美味しいことが判明したので、今回は先に入れている。

まず、小麦粉たっぷりな蕎麦屋のカレーに対し、豚骨、味噌、醤油のうち最も合うのはどれかを検証した。

豚骨ラーメン+蕎麦屋のカレー

f:id:shinonomen:20200224175854j:plain

f:id:shinonomen:20200224181315j:plain

豚骨スープがカレーに対して一歩引きながらもしっかりと美味しさを下支えしている。美味い。

 

味噌ラーメン+蕎麦屋のカレー

f:id:shinonomen:20200216220253j:plain

f:id:shinonomen:20200118125547j:plain

非常にまろやかだが、味噌が濃い所は突然味噌汁を飲んだみたいで違和感がある。味噌を入れるなら隠し味程度に留めるべき。

 

醤油ラーメン+蕎麦屋のカレー

f:id:shinonomen:20200216220357j:plain

f:id:shinonomen:20200125115623j:plain

醤油スープの主張が少なく、すっかりカレーの中に隠れている。美味しいは美味しいのだが、もうちょっと主張が欲しい。

豚骨ラーメンが勝ち抜いたので、今度はカレーの方を変えてみた。

 

豚骨ラーメン+ビーフカレー

f:id:shinonomen:20200216121347j:plain

f:id:shinonomen:20200216122802j:plain

蕎麦屋のカレーに比べるととろみが少ない。悪くはないがカレーうどん同様、カレーラーメンもトロトロしていた方が美味い。

 

豚骨ラーメン+バターチキンカレー

f:id:shinonomen:20200224115302j:plain

f:id:shinonomen:20200201121003j:plain

マイルドの極み。最初からこういう商品であるかのようにとんこつスープとバターチキンカレーがマッチしている。クリーミーな食感がたまらない。

 

豚骨ラーメン+キーマカレー

f:id:shinonomen:20200211105009j:plain

f:id:shinonomen:20200211113557j:plain

キーマカレーの辛味をとんこつスープが中和してマイルドになっている。辛いひき肉と甘いキャベツの相性も抜群で後味が良い。

 

豚骨ラーメン+グリーンカレー

f:id:shinonomen:20200212212252j:plain

f:id:shinonomen:20200212213449j:plain

東南アジアテイストのシャバシャバした麺。ラーメンというよりトムヤムクンみたいな感じ。後から辛味がやって来る。

 

結果
豚骨ラーメン+バターチキンカレーの優勝
7種類のカレーラーメンを試した結果、僅差で豚骨ラーメン+バターチキンカレーが優勝した。豚骨とバターのクリーミー二重奏が素晴らしい。
豚骨ラーメン+キーマカレーのやみつきになる感じも捨てがたい。辛いのが好きな人は豚骨ラーメン+キーマカレーの方が好きではないだろうか。

盛り付けと写真が下手くそなせいであまり美味しそうに見えないが、味は絶品である。簡単なのでぜひお試しあれ。

レシピ再掲
鍋でちぎったキャベツを煮て、沸騰したら袋麺を投入。一分ぐらいしたら卵を割り入れる。二分半ぐらいしたらレトルトカレーと粉末スープを投入し、かき回して完成。


おまけ
キムチ餃子鍋

f:id:shinonomen:20200211181209j:plain

ゆるキャン△の真似をして作成。キムチ鍋の元を1人前入れたらあまりの辛さに涙目になった。韓国人は我慢強いんだなあ。