東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

タニタの体重計と体組成計を比較する

 甥の結婚式の引き出物で選べるギフトをもらった。自宅の体重計が壊れかけているので、タニタの体組成計BC-714を注文した。
 先日、使用を開始したので、両者の機能を比較し、どちらが優れているか判定する。

f:id:shinonomen:20190509181916j:plain

体重計

f:id:shinonomen:20190509181943j:plain

体組成計

サイズ
体重計  小さい
体組成計 薄い
判定   引き分け
体重計の方がコンパクトだが、体組成計の方が薄い。引き分け。

ランニングコスト
体重計  無料
体組成計 電池代
判定   体重計の勝ち
体重計はバネ式なので金がかからないが、体組成計は電池代がかかる。体重計の勝ち。

機能
体重計  体重のみ
体組成計 体重、BMI体脂肪率、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、内蔵脂肪レベル、推定骨量
判定   体組成計の勝ち
体重計が量れるのは体重だけだが、体組成計は8項目も量ることができる。ちょっと多すぎる気もするが、大は小を兼ねるので体組成計の勝ち。

精度
体重計  0.2kg程度。載る度に0.2kg前後の誤差あり。実際より2kgぐらい軽く出る。(0kgがずれているせい?)
体組成計 0.1kg
判定   引き分け
精度は体組成計の方が高いが、体重計の方が軽く出るので嬉しい。引き分け。

計測の手間
体重計  一度蹴る必要あり
体組成計 乗るだけで良い
判定   体組成計の勝ち
体重計は内部機構が錆び付いているので、一度蹴飛ばして針を動かしてから乗る必要があるが、体組成計はただ乗れば良い。体組成計の勝ち。

2勝1敗2引き分けで体組成計の勝ち
5項目について比較検討した結果、体組成計が勝利した。体重計が負けたのは古くなって錆びついていたせいであり、新品ならば良い勝負だった。

 これまでの体重計は精度が低い上に、載る度に体重が変わるので、本当に体重が増えたのではなく、計測誤差で増えたのではないか、という逃げ道があった。
 これからは体重が増えたという厳しい現実を直視しながら、新しい時代を歩んで行きたい。