東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の投資と評論サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

麺巧潮の(白)はオールタイムベストラーメン

 麺巧潮の『(白)鶏白湯そば』(870円)は私のオールタイムベストラーメンだ。

f:id:shinonomen:20190301175554j:plain

(白)鶏白湯そば

 (白)は洋風の、超斬新なラーメンだ。変わったラーメンは目新しさが売りで、美味さではオーソドックスなラーメンに劣ることが多いが、白はそんなことはない。

 (白)の特徴は何といっても黄色のとろっとしたスープだ。濃厚な鶏ガラスープとクリームの旨味が合わさって、初めて食べた時はくわっと目を見開いた。ホテルで「大山鶏のポタージュ~肉巻きアスパラとポーチドエッグを添えて~」とかいう名前で出せば3000円くらい取れる味で、こんな値段で食べられる有難さに拝みたくなる。
 麺はそうめんのような柔らかな細麺で、ラーメンよりカルボナーラに近い。
 トッピングはブロッコリー、ポーチドエッグ、肉巻きアスパラという洋風スープならではのラインナップ。特に肉がミルフィーユのように重なった肉巻きアスパラが絶品。まぶされた黒胡椒が良いアクセントになっている。

 麺巧潮にはもう一つ『(黒)にほんいち醤油そば』(870円)という看板メニューがある。

f:id:shinonomen:20190301175459j:plain

(黒)にほんいち醤油そば

こちらは醤油と魚出汁にこだわったオーソドックスな醤油ラーメンを洗練させた一品で、美味しいが、天下一品であっさりを頼むような感じだ。せっかく麺巧潮に行くのなら、他では食べられない白を注文したい。

 麺巧潮の基本メニューは(白)と(黒)だけだが、平日18時以降限定で『海老白湯そば』(980円)が食べられる。(白)にエビのスープを追加し、エビフライを載せたエビ尽くしラーメンで、エビ好きにはたまらない一品だ。私はそこまでエビ好きではないので、(白)の方が好きだ。

 (白)の欠点はスープを飲み干すといかにも高カロリーなことだ。だが、こんな美味しいスープを飲み干さないなんてことができようか。
 毎週のように通うのではなく、ここぞという時に食べに行くようなラーメンだ。

f:id:shinonomen:20190301175807j:plain

麺巧潮

tabelog.com