東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

恥辱に塗れた話

 はしご定期券をご存知だろうか。9月15日から10月23日まで吉野家はなまるうどんでそれぞれ80円引きと天ぷら一品無料になるカードで、300円で販売されている。天ぷらが100円としても2回ずつ来店すれば元が取れる計算だ。
 私は販売開始間もなく吉野家で購入し、9月15日を待っていた。ところが、9月15日頃から出張が入ってしまい、なかなか使えずにいた。ようやく出張から戻ってきたのは9月の終わり頃だ。

 私は早速カードを使おうと、丸亀製麺に行き、ぶっかけうどんの並を注文。いつもなら玉子のトッピングで済ます所を、ここぞとばかり二番目に高いかしわ天を取ってレジに向かい、「これ、使えますか? 」とカードを提示した所、店員に「それははなまるうどんで使えるカードですね。」と告げられた。

 ぐわあああああああ! 穴があったら入りたいとはこのことだ!

 私は430円を払い、ネギと水を取ると逃げるように一番奥の席に向かった。すっかりはなまるうどん丸亀製麺がごっちゃになっていた。はなまるうどんは駅から相当歩いた所にしかないので、吉野家はなまるうどんだったらそもそもこんなカードは買わなかった。私は絶叫しながら頭を壁に打ち付け、血まみれになりたい気分になったが、そんなことをしたら更にみっともない上に騒動になるので堪え、軽く頭を壁にぶつけるに止めた。たが、そんな程度では内罰感情はまるで満たされず、内面の大いなる恥辱と外面の平静さの著しい不均衡に腸が煮えくり返る思いだった。

 そこで思ったのが、侍が切腹するなどという異常なことを始めたのは、外面の状態を内面の恥辱的状態に近づけることで内罰感情を満たすためだったのではないかということだ。もちろん、嫌々腹を切った侍も多いのだろうが、自ら腹を切った侍の中には、このような恥辱を味わったからには自らを罰しなくては気が済まないと思って腹をかっさばいた者もいたのではないか。

 幸い、私は侍ではないので命を永らえることができた。恥辱を埋め合わせるため、アホみたいに吉野家の牛丼を食いまくってやる所存だ。

 

enjoy-yoshinoya.com