東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

熱意の秘密結社――安住紳一郎の日曜天国公開放送感想

 安住紳一郎の日曜天国TBSラジオ日曜10:00-11:55)は変な番組だ。テレビでは丁寧に芸能人をエスコートしている安住氏だが、ラジオでは力の限り好き勝手やっている。
 自分が風呂場でかいた汗を集めて煮詰め、塩を生成したかと思えば、レーティング企画として東京赤坂から埼玉までの鳩レースを開催したりする。地方での公開放送では毎回費用番組持ちのバスツアーを開催しているのだが、八丈島で開催した時も飛行機代ホテル代番組持ちのツアーを開催して大赤字を出し、赤字を補填するため番組を休んでラジオショッピングをやるという本末転倒なことをやっている。
 呼ぶゲストも石愛好家、換気扇マニア、豚の生姜焼き研究家、洞窟探検家、カップラーメン評論家、灯台マニア、熱気球チャンピオンなどマニアックな専門家が多い。

 毎年恒例の公開放送は、神流町檜原村館山市八丈町小田原市と番組調査の聴取率が高かった自治体で開催していた。遠さに二の足を踏んでいたが、今年は11月6日に赤坂で開催されるということで観に行った。

 当日、TBSラジオは赤坂サカスでラジフェスというパーソナリティの公開ステージを次々開催するイベントをやっている。だが、日曜天国の公開放送は何故か隣の国際新赤坂ビルを借りて行うという。会場は屋外の吹き抜けになっており一階に事前にパスを入手した人用の椅子席と立ち見席があり、二階は出入り自由な立ち見スペースとなっている。二階はステージを見下ろせるコの字の位置に二重三重の人垣が出来る大盛況だった。観覧者はお年寄りから子どもまで各年代男女まんべんなくいたが、中高生だけは全くいなかった。

f:id:shinonomen:20161206192441j:plain

(放送終了後に撮った会場の様子。奥の市松模様の所がステージ)

 10時になりステージに安住氏、アシスタントの中澤有美子氏、構成作家の佐藤研氏が登場。公開放送が始まった。オープニングトークで普通のスタジオが一瞬にしてスナックに早変わりするというイリュージョンが披露され、会場は大いに沸く。何とこのイリュージョンには四百万円もかかっているとのこと。赤坂サカスでやらなかったのは、この独自セットを使いたかったためかと納得する。
 バーの背景画は番組ファンにして日本画の巨匠、永山裕子画伯が四日もかけて描いたものとのことで、番組終了後には永山先生とのツーショット写真撮影会が開催されていた。

f:id:shinonomen:20161206192511j:plain

 放送中、自分が話していない時の安住氏はしきりに紙をめくって何かを書き込んだり、隣の佐藤研氏と話したりと忙しなく何かをしており、それでいて話は聞いているらしく、「そんなこと言っちゃって大丈夫なの? 」などと要所で突っ込みを入れている。マルチタスク人間なのだ。一方の中澤氏は人の話をうなずきながら真剣に聞いており、ゲストの朝倉さや氏がデビュー曲の「東京」を熱唱した時は思わず涙ぐんでいた。良いコンビである。

 番組後半、十一時からのゲストコーナーには歌手の朝倉さや氏に続いてウクレレ奏者の名渡山遼氏が登場。名渡山氏がステージを下りて超絶技巧の演奏をして振り向くと、いつの間にか安住氏と中澤氏が消えてスナックが出現しており、カウンターの中には裕子ママ、席には客の朝倉氏がいるという趣向に会場は大盛り上がり。名渡山氏と朝倉氏が共演した後、再びステージが回転してスタジオが出現。戸惑う名渡山氏に安住氏が「君もイリュージョンを見たんだね」と語りかけ、オチをつけていた。
 番組終了後も安住氏の詳しく書けないフリートーク(上昇志向の強い某アナウンサーが、安住氏のアナウンサー評価ノートを見てモチベーションを維持している話とか)やスタッフ紹介があり、終わった時には12時半を回っていた。

 公開録音当日には、「赤坂秘宝館」も開催されていた。空き店舗スペースを借りて番組ゆかりの品を展示したもので、主な展示物は石、換気扇、鳩、俺の塩、醤油ノート、受験勉強用ノート(じっくり見られないよう回転している)、自作バイオリンである。いずれもヘビーリスナーには馴染み深い貴重な品なのだが、知らない人には何がなんだか分からないものばかりだ。実際、興味本位で列に並び、「何だこれは! 」と怒って出て行った人もいたらしい。
 一見何の統一性も見いだせない展示だが、共通点がある。どれも他者からの評価を得るためではなく、純粋な熱意を持って取り組んだ成果物なのだ。世間的には野球道を極めた人はヒーローで換気扇道を極めた人は変人だが、その熱意には何ら変わりはない。
 安住氏自身、パンダや醤油に並々ならぬこだわりを見せるマニアである。それだけに氏のインタビューには、相手がオリンピック選手でも変わった物のマニアでも変わらぬ敬意が感じられる。

 マイナーな集団は内部の結束が高まる。ウィンドウズユーザーよりマックユーザー、任天堂ユーザーよりセガユーザーの方が帰属意識、結束力が高い。
 様々なマイナージャンルを横断的に取り上げている日曜天国リスナーは、「石、換気扇、鳩、俺の塩」などという意味不明なものへの帰属意識が醸成され、ほとんど秘密結社化している。秘密結社に入りたくなった人は番組を聞いてみては如何だろう。関東以外の人もTBSラジオクラウドからサンプルが聞けるよ。

www.tbsradio.jp