読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

面白見出し力――伊集院光深夜の馬鹿力感想

 TBSラジオが6月末でポッドキャストの配信を止めてしまった。仕方ないので、深夜や昼間にやっていて生では聞けない番組の内、特に聞きたい番組だけ録音して聞くことにした。伊集院光深夜の馬鹿力もその一つである。
 ポッドキャストでは番組冒頭のフリートークが十分くらいだけ配信されていた。深夜の馬鹿力は二時間番組なので、私はニ~三十分フリートークをやった後、視聴者からの投稿ネタコーナーか何かをやっているのだと思っていた。ところが先日初めて二時間通しで聞いてみた所、伊集院氏は何と一時間以上もフリートークをやっていた。しかもそれがずっと面白い。私だったら一生分の面白エピソードをかき集めても一時間もフリートークをすることなどできない。それを伊集院氏は毎週やっているのだ。これは並大抵のことではない。

 もちろん、伊集院氏は芸能人なので、一般人よりは面白エピソードに遭遇する率は高いだろう。また、氏は元々落語家なので、話芸で面白くしている面も多分にある。だが、真に感心すべきは日常のちょっとした出来事から面白さを見出す感性ではないだろうか。

 例えば、先日氏が話していたのは「御朱印帳を全て手書きで書いてもらって集めていたのだが、番外の所だけスタンプを押されてしまいがっかりした」というだけの話であり、私だったら特に何も思うことなくスルーしてしまっていただろう。右肩下がりの日本社会では、バブル期のように派手な刺激を次々追い求めていてはすぐに行き詰まってしまう。ささやかな日常から面白さを見いだせる人と見いだせない人とでは、人生の豊かさがまるで違ってくるに違いない。

 伊集院氏が素晴らしいのは面白さを見出して自分が楽しいだけではなく、それをラジオでしゃべることで、多くのリスナーをも楽しい気分にさせていることだ。ブロガーにも、日常のささやかな面白さを見出し、他者と共有する名人が幾人も存在し、世界全体の幸福度をじわじわ高めている。面白見出し力は今後ますます重要になっていくのではないだろうか。