東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

第2回このラノ文庫受賞作感想

献本頂きました。どうも有難うございます。


モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣) 谷春慶
ああ、私に主人公砕月の1/100程の恋愛積極性があればなあ・・・・・・と遠い目になった。
やってることは似たようなものなのに、女だと愛しいヤンデレで、男だとゲスの犯罪者になる所にライトノベルにおける男性の救われなさを感じた。


美少女を嫌いなこれだけの理由 遠藤浅蜊
常人の発想の遥か斜め上を行く奇天烈な設定がすごい。作者は郵便局勤務なのか。
主要キャラの美少女は良い奴ばかりでかつやたらとハイスペックなので、民間でも十分やっていけるんじゃないでしょうか。


僕と姉妹と幽霊の約束 喜多南
話自体は良くある幽霊ものだが、キャラクターの感情の描き方が細やかだ。黄可愛い!
ペンネームといい、名前のつけかたがシンプルだなあ。


10/11追記
R.I.P. 天使は鏡と弾丸を抱く 深澤仁
超クール! 男性向けラノベでは珍しいすかした主人公や、舞台設定が非常に格好良い。
かなり陰惨な話なのだが、語り手がひょうひょうとしているため、どことなくユーモラスだ。


ドS魔女の××× 藍上ゆう
エロい。電車の中でカバーをつけずに読むにはエロすぎであった。
しかし、ここまでエロいのだったら、美少女文庫とかで制限なしで書いた方が良いのではないだろうか。


第一回もそうだったが、全体的に受賞作がバラエティ豊かで、編集部の何でもありで行くという強い意志を感じた。