東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

変ラノ投票

偏り投票企画「そう、あたしたちはこんなにも変てこなライトノベルを愛しているのだらよ」に投票します。
http://maijar.org/?q=node/1910
【変ラノ/4086302640】
【変ラノ/9784086302951】
【変ラノ/9784044146184】
【変ラノ/4840236453】
【変ラノ/4829163801】

アストロ! 乙女塾本田透 集英社スーパーダッシュ文庫
読んでいる間中笑いが止まらなかった。ご都合主義の極みみたいなストーリーも面白いが、本文中にうんちくコーナーが挿入されるという形式も斬新。

制覇するフィロソフィア 定金伸治 集英社スーパーダッシュ文庫
哲学+バトル=馬鹿 みたいな小説。見かけの馬鹿さとは裏腹に、最後にフェミニズム論的に考え深い設定が明らかになったのだが…… 続編は出ないのかなあ。

DOORS Iまぜこぜ修繕屋 神坂一 角川スニーカー文庫
変な世界を修繕しにいく小説なだけに、毎回変すぎる世界が登場。変な世界の住人から見ると我々が普段暮らしているような世界が変に見える、という描写にはっとさせられた。

みずたまぱにっく。―This is MIZUTAMASHIRO!!― ハセガワケイスケ 電撃文庫ネタばれになるので何も書けないのだが、とにかくえええええええええっ!! という感じ。

ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン 新井輝築地俊彦水城正太郎師走トオル田代裕彦吉田茄矢あざの耕平 富士見ミステリー文庫
最初はそこそこの変さだが、水城さんの回から超絶変になる。力技で感動的なラストに仕上げたあざのさんの腕力が目立つが、大鉈を振るってドラスティックに話を収束させた吉田さんが影の功労者かも。


私が変なライトノベルを読む時はたいていまいじゃーが勧めていたからなので、トンボさんが知らないものを挙げるのは無理です。
ライトノベル以外なら『コップとコッペパンとペン 福永信 河出書房新社』 (978-4-309-01815-7)が圧倒的に変。試しに本屋で冒頭15行を立ち読みしてみればあまりの変さに驚愕すること請け合いです。
ところで投票締め切り日を「このラノ」にぶつけてきたのは「変ラノ=裏このラノ」たらんという意思表明なのかしらん。