読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東雲製作所

東雲長閑(しののめのどか)の書評サイトです。ジオシティーズ(http://www.geocities.jp/shinonomenod/)から移転してきました。

ライトノベルの感想

電撃春の祭典な方々はどうもでした。名前だけ知ってる何人かと話ができたのが一番の収穫でした。
イベント自体の感想としては、ハセガワケイスケさんが、作品イメージと違ってギャグで盛り上げておられたのが印象的でした。


アリフレロ キス・神話・Good by 中村九郎 集英社スーパーダッシュ文庫
本作は分かりにくい小説なので私も分かりにくい比喩で言うと、普通の小説が柱や梁のがっちりした家だとすると、本作は忍者が木から木へと飛び移りながら、「空中こそ我が住処なり」と言っているような小説である。
ところで前半と後半の視点者の自意識はどうなっているのだろうか。

シゴフミ2〜Stories of Last Letter〜 雨宮諒 電撃文庫
私は小説内で人が死ぬともれなく小石を飲み込んだみたいな気分になるので、本作の必ず死人が出るという設定はしんどい。
この設定ならもっとあざとく泣かせにいくこともできるのに、そうせずに、人間のリアルな醜い気持ちと悔恨を丁寧に描いていく作者の誠実さが光っている。

涼宮ハルヒの分裂 谷川流 角川スニーカー文庫
何か読んでいて違和感があると思ったらまたそういう趣味全開なことを。
ぎをらむさんが分析をされていて、もはや付け加えることはないのだが、「詰め碁」という言葉の使い方が通常と違っていたので、あそこも今後の展開を暗示してるのかも。

殺×愛0 ―きるらぶZERO― 風見周 富士見ファンタジア文庫
ブコメと世界の危機が並存している作品は結構あるが、本作は設定上無理やり密接に結びつけたことにより化学反応を起こしてポップコーンのように膨らんですごいことになっている。
語り手が見ないようにしているものが逆に内面を映し出しているという手法がばっちり決まっている。